Jアラートの発動を想定した国民保護サイレン一斉再生訓練を実施します

掲載日:2017年12月12日
平成29年12月12日
記者発表資料

弾道ミサイルが日本に落下、または上空を通過する場合には、Jアラート(全国瞬時警報システム)で国民保護サイレン音などが流れます。
これまで本県でサイレン音が流れたことはありませんが、万一に備え、サイレン音や住民の皆様が取るべき行動を確認できるよう、市町村と連携して、国民保護サイレン一斉再生訓練を実施します。

 

1 日時

平成30年1月31日(水曜日) 午前11時00分

 

2 対象地域

県内全市町村

 

3 再生(放送)方法

市町村の防災行政無線で国民保護サイレンを再生(放送)
ただし横浜市、川崎市は市役所・区役所内で再生(放送)

 

4 基本的な再生(放送)内容

  1. これは訓練です。これは訓練です。
  2. これから、国民保護サイレン音を放送します。
  3. このサイレン音は、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合や、日本の上空を通過する場合などに流れます。
  4. これは訓練です。これは訓練です。
  5. これから国民保護サイレン音を放送します。
  6. サイレン音再生(14秒間)
  7. ただいまのサイレン音は訓練です。ただいまのサイレン音は訓練です。
  8. このサイレン音を聞いたときは、建物の中や地下に避難してください。
  9. これで訓練を終了します。

※ 「6」のサイレン音再生以外については、一部の市町村で変更する場合があります。

 

5 コールセンターの設置

訓練に対する問合せに対応するため、12月13日(水曜日)から県ではコールセンターを設置します。
電話045-210-3465 (神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課内)
受付時間:平日9時から17時  土日祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)は休み

 

6 その他

訓練当日は、午前7時までに訓練の実施または中止の情報を県のホームページに掲載します。(http://www.pref.kanagawa.jp/sys/bousai/portal/)

 

【参考】Jアラートが発動されたら

○ 屋外にいる場合
近くの建物の中か地下に避難する。
頑丈な建物に避難しましょう

 

○ 近くに建物がない場合
物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。
地面に伏せて頭部を守りましょう

 

○ 屋内にいる場合
窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。
窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

詳しくは国民保護ポータルサイトHPをご覧ください。
県HPでも弾道ミサイル落下時の行動例を動画でわかりやすく紹介しています。
 

配信場所

〇国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/

 

〇県動画「弾道ミサイルの落下時の行動について」
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7115/p1131136.html
 

 

(問合せ先)
神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課

課長 上田 電話 045-210-3460

課長代理 山本 電話 045-210-3465

    神奈川県

    このページの所管所属は 安全防災局 安全防災部 危機管理対策課 です。