江の島を舞台にテロ災害を想定した国民保護訓練を実施します!―平成29年度 神奈川県国民保護共同実動訓練の実施―

掲載日:2017年9月29日
平成29年9月29日
記者発表資料
(藤沢市同時発表)

県では、東京2020オリンピック競技大会開催を見据え、セーリング競技会場周辺をターゲットとしたテロの発生を想定し、各機関が連携して初動対応や被災者の救出、救護、搬送を行う国民保護実動訓練を実施します。

 

1 訓練日時

平成29年11月9日 木曜日 10時から12時30分

2 訓練会場

片瀬江ノ島駅、江の島ヨットハーバー及び海上(湘南港沖合)の3箇所 ※詳細は別紙 [PDFファイル/187KB]参照

3 訓練の特徴

(1)東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技会場である、「湘南港江の島ヨットハーバー」と、最寄りターミナル駅である「小田急線片瀬江ノ島駅」及び海上(湘南港沖合)の3箇所で訓練を実施

(2)訓練内容は、蓋然性の高い爆破テロ事案による多数傷病者発生・大量搬送を中心に、化学剤散布等の同時多発テロ事案及び、湘南港沖合での競技艇等避難誘導及び不審船逃走、捕捉までを想定

(3)外国人観光客対応として、避難誘導等の初動対応から、救出・救助、応急救護、搬送にかかる一連の対応を検証

(4)CBRNE(化学剤、生物剤、放射性物質、核、爆発物)に対応した資機材や車両の展示

4 訓練想定概要

 

事案の概要

事案1

片瀬江ノ島駅に入線した電車内で爆発

事案2

江の島ヨットハーバー・ヨットハウス内で化学剤散布

船具庫内から不審物発見

事案3

湘南港沖合で不審船逃走

5 主要訓練項目

 

事案1

1.避難誘導(初動対応・検知) 2.救出・救助 3.応急救護 4.救急搬送 5.避難所運営(湘南白百合学園小学校) 6.医療救護(湘南鎌倉総合病院)

事案2

1.避難誘導(初動対応・検知) 2.救出・救助 3.除染 4.応急救護 5.救急搬送(車両・航空機) 6.医療救護(北里大学病院)

事案3

1.競技艇避難誘導 2.海上警戒(区域認定・検知) 3.不審船捕捉

6 主催

神奈川県、国、藤沢市

7 訓練参加機関

国(内閣官房・消防庁)、神奈川県、藤沢市、消防、警察、海上保安庁、自衛隊、医療機関 等

8 見学

(1) 受付

訓練当日、9時30分までに受付場所(片瀬江ノ島駅:駅前広場、江の島ヨットハーバー:ヨットハウスメインエントランス)にお越しください。

(2) 交通手段

片瀬江ノ島駅周辺には駐車場がありませんので、公共交通機関にてお越しください。

9 取材

  • 受付については、上記「見学」と同様ですが、事前の取材申し込みは不要です。また、駐車場については、江の島かもめ駐車場を御利用ください。
  • 取材可能場所については、当日御案内いたします。また、取材にあたっては、腕章の着用をお願いします。
  • 訓練中の参加者への直接の取材は、訓練の支障になりますので、御遠慮ください。また、訓練終了後に、別途知事等への囲み取材時間を設けています。

10 その他

訓練当日は、午前7時までに訓練の実施または中止の情報を県のホームページ
(http://www.pref.kanagawa.jp/sys/bousai/portal/)に掲載します。

    現地指揮所設置負傷者救出状況

       <現地指揮所設置>             <負傷者救出状況>

別紙 [PDFファイル/187KB]

(問合せ先)
神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課

課長 上田 電話 045-210-3460

危機管理対策グループ 山本 電話 045-210-3465

    Adobe Readerダウンロード

    Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
    神奈川県

    このページの所管所属は 安全防災局 安全防災部 危機管理対策課 です。