神奈川県レスリング協会役員による県体育協会補助金の不適正経理処理について

掲載日:2017年9月25日
平成29年9月25日
記者発表資料

平成29年7月、知事あてに、神奈川県レスリング協会(以下「レスリング協会」という。)の役員が、県の負担金を主たる財源として公益財団法人神奈川県体育協会(以下「県体協」という。)からレスリング協会に交付されている補助金を不正に受給しているとの匿名の投書があったことから、県で調査した結果、レスリング協会役員による不適正経理処理の事実が確認されましたので、お知らせします。
  なお、県では、平成29年6月27日に神奈川県カヌー協会による不適正経理処理の調査結果及び県体協による再発防止策について公表したところですが、本事案は再発防止策を講じる以前に行われていた不適正経理処理が確認されたものです。

1 不適正経理処理の対象となった補助金

補助金名  「競技力向上対策事業補助金」

(県体協が、県が競技力向上を目的として交付している負担金を財源として、競技団体に交付している補助金)

2 不適正経理処理の内容等

(1)不適正経理処理額

県体協からレスリング協会に交付された平成23年度から平成28年度までの補助金総額1,127万円のうち、現時点で約737万円(153件)の不適正経理処理が認められた。

なお、実績報告書記載の謝金等の支払先の受領確認が未了の案件もあり、今後の調査により、その額はさらに増えることも想定される。

(2) 不適正経理処理の主な内容

・ レスリング協会の選手強化費の管理者である役員(県立高等学校教員。以下「担当役員」という。)が、領収書を偽造又は指導者(県立高等学校教員等。以下同じ。)から金額の入っていない白紙の領収書を提出させ、実際には支払っていない謝金や交通費を補助金で支払ったと虚偽の実績報告をしていた。

・ 強化合宿の際、参加者から交通費や宿泊費を徴収していたにもかかわらず、当該費用を補助金で支払ったと虚偽の実績報告をしていた。

(3) 不適正経理処理に係る補助金の使途

担当役員は、強化合宿や強化練習の際のテーピング用テープ、医薬品、飲料の購入費等に充てるとともに、競技活動費に充てるためにプールしていたと説明しているが、詳細については確認中である。

(4) 不適正経理処理が行われた背景

レスリング協会には会計規程がなく、また、補助金は担当役員が独断で経理処理を行っていた状況にあったこと等が考えられるが、詳細については調査中である。

3 不適正経理処理の事実の隠蔽

平成29年3月、県体協にレスリング協会内部関係者から、担当役員が補助金を不正に受給しているとの報告書が県体協に提出されている。これを受けて、県体協は補助金が実績報告書のとおり支出されたか調査したが、担当役員及び指導者が申し合わせ、実際には授受のなかった謝金について、授受があったという虚偽の回答をしたため、不適正経理処理を確認することができなかった。

4 今後の対応

(1) 県の対応

 ・ 実績報告書の記載内容等を確認し不適正経理処理額を確定するとともに、使途等の調査を進め、全容を明らかにする。

 ・ 不適正経理処理額が確定次第、県負担金の交付先である県体協に対し負担金の返還を請求する。(返還日までの加算金についても別途請求する。)

 ・ 不適正経理処理等の早期発見及び抑止を図るため、選手や指導者等の団体内部から通報や相談を受けるコンプライアンス窓口を、新たにスポーツ局スポーツ課に設ける。

(2) 県体協の対応

 ・ 今回の事案を踏まえ、再調査の対応方法を検討し、実施する。

 ・ 会計規程の整備や複数による会計手続きのチェック等、神奈川県カヌー協会の不適正経理処理の際に講じた再発防止策の全団体での確実な実施を徹底する。

(県教育委員会の対応)

1 レスリング協会の不適正経理処理について

担当役員を含め、県立高等学校教員が関わる不適正経理処理であることから、スポーツ局とともに関係した教員から事情聴取を進めており、全容が明らかになり次第、県教育委員会として、厳正に対応していく。

2 神奈川県高等学校体育連盟レスリング専門部の不適正経理処理について

県教育委員会と神奈川県高等学校体育連盟(以下「高体連」という。)が高体連レスリング専門部の経理処理について調査を行ったところ、経費の内、県補助金(県教育委員会から高体連への優秀選手強化事業等に係る補助金)については適正に処理されていたが、その他の団体経費の処理について、その一部に不適正な取扱いが判明した。

(1) 内容等

高体連レスリング専門部の会計担当の県立高等学校教員が、平成24年度から平成28年度までの5年間の団体経費の総額約413万円の内、約68万円(26件)について、虚偽の旅費伝票を作成し、関係者の昼食弁当代等に充てた。

(2) 今後の対応

県教育委員会としては、会計事務の適正化に向け、高体連を指導していく。

※ 神奈川県高等学校体育連盟

・ 高等学校における体育の健全な発展を図ることを目的に、県内の公私立の高等学校で組織された団体。

・ 陸上競技、水泳、バレーボールをはじめ37の競技専門部を置く。レスリング専門部は、その内の一つ。

(資料1)  県の負担金を財源とする補助金に係る神奈川県レスリング協会による不適正経理処理について [Wordファイル/56KB]

(資料2)  神奈川県高等学校体育連盟レスリング専門部の不適正経理処理について [Wordファイル/22KB]

問合せ先

(1から4について)
神奈川県スポーツ局スポーツ課

課長        江藤   電話 045-285-0791

副課長       松西   電話 045-285-0793

(神奈川県教育委員会の対応について)

神奈川県教育局行政部教職員人事課

課長        舘     電話045-210-8133

副課長        伊藤     電話045-210-8135

神奈川県教育局指導部保健体育課

課長        大塚   電話045-210-8300

副課長       市之瀬  電話045-210-8301

神奈川県

このページの所管所属は スポーツ局 スポーツ課 です。