ラグビーワールドカップ2019(TM)ラッピングバス(横浜市営バス)運行開始!!

掲載日:2017年9月14日
平成29年9月14日
記者発表資料

ラグビーワールドカップ2019™に向け、大会の認知度向上と盛り上げを図るため、12開催都市で初となるラグビーワールドカップ2019™ ラッピングバス(横浜市営バス)の運行を開始します。またこれに先立ち、ラグビーワールドカップ2019™大会2年前イベントin YOKOHAMAでお披露目します!

1 ラッピングバスについて

 ・横浜市営バス(本牧営業所) 1両

ラッピングバス横 ラッピングバス後ろ

2 特長

  • 全国12開催都市で初のラグビーワールドカップ2019™仕様のラッピングバスです。
  • 車内の“広告ジャック”を行い、外観も車内もラグビーワールドカップ一色のバスです。
  • ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート(絵柄入り)が装着されています。
  • 横浜の中心地主要な観光地を運行する予定です。(中華街、元町、山下公園、三溪園、桜木町、横浜駅周辺 等)

3 運行開始日

 平成29年9月19日(火曜)から(予定) ※車両の運用により変更になる場合があります。

4 お披露目(展示)

 ラグビーワールドカップ2019™大会2年前イベントin YOKOHAMAの中で展示します。

  日時:平成29年9月18日(月曜・祝)14:00から17:30

  場所:横浜美術館 敷地内(横浜市西区みなとみらい3-4-1)(案内図参照)

  内容:市営バス運転手の制服(子ども用)を試着して、記念撮影をすることができます。

 

当日の取材について 直接会場にお越しください。(事前申込不要)

 

○ラッピングバスのデザインについて

ラッピングバスのデザインには、ラグビーワールドカップ2019™のキービジュアルとなる”UNITY GRAPHIC”が使われています。

最先端のイノベーション等の新しいものと、文化や伝統が共存する日本の特徴が反映されています。

ラッピングバスデザイン

キービジュアル

RISING SUN AT THE CORE

デザインの中央に配置された朝日と富士山が2019年にラグビーの中心となる日本を表しています。

RUGBY PATTERNS

亀甲(きっこう)、七宝(しっぽう)、矢羽(やばね)、青海波(せいがいは)等の日本の伝統的な文様と、ラグビーをモチーフとしたモダンなデザインが融合されています。

BYOBU PANELS

富士山が描かれた伝統的な金屏風のイメージが、全体デザインのベースとなっており、6つのパネルに分かれています。

20 TEAM MIZUHIKI KNOT

「結束」を意味する水引の模様が、世界中の選手やファン、メディア、スポンサーなど幅広いステークホルダーをつなぐ絆を表しています。

PITCH MARKINGS

ラグビーグラウンドを表すピッチマークがデザインされ、ピッチ内外でラグビー最大の祭典を祝うことを表しています。

○日本代表戦PRパートラッピングバスも同時にお披露目します!

当日は、11月4日(土曜)に日産スタジアムで開催される日本代表 vs オーストラリア代表戦をPRするパートラッピングバスも1両展示します!

展示場所

展示場所

みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時から)から徒歩5分。JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。

●パートラッピングバス●

パートラッピングバス 

・運行期間

 2017年9月18日(月曜・祝)から11月4日(土曜)(予定)

・市内6両(横浜市営バス6営業所 各1両)

 営業所:浅間町・港北・保土ケ谷・磯子・港南・若葉台

・ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートが装着されています。

(問合せ先)
神奈川県スポーツ局

  • ラグビーワールドカップ担当課長
  • 田中
  • 電話 045-285-0792
  • 競技スポーツグループ
  • 三枝
  • 電話 045-285-0797
神奈川県

このページの所管所属は スポーツ局 スポーツ課 です。