生活支援ロボットの実証実験を行います!!‐公募型「ロボット実証実験支援事業」‐ 

掲載日:2017年8月29日
平成29年8月29日
記者発表資料

さがみロボット産業特区

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一つとして、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、採択した企画の実施を支援する公募型「ロボット実証実験支援事業」を推進しています。本年度は11件を採択しており、その中から次の2件の実証実験を行うこととしましたのでお知らせします。

◎実施概要

【実証実験1】 ワイヤ吊り下げ型橋梁点検ロボットシステム(株式会社ハイボット(東京都品川区)、株式会社建設技術研究所(東京都中央区))

ロボットの概要

ハイボットロボット画像

  •  橋の上から4本のワイヤによって吊るしたロボット(カメラユニットや姿勢制御装置を搭載)により、橋の裏側の点検を行います。
  •  橋の大きさや形状にもよりますが、橋の道路を交通規制せずに橋の裏側の点検が可能です。
  •  点検箇所の位置座標を含む画像のデータベースの構築が可能です。
  •  昨年度の実証実験で課題が見つかったリールの耐久性について、向上を図りました。

(画像提供:株式会社ハイボット)

実証の概要

公開  見学・取材については、問合せ先にご連絡ください。

 日時

平成29年9月4日(月曜日)から15日(金曜日)
※上記日程の中で5日間程度実施します。

場所

戸沢橋(厚木市戸田と海老名市門沢橋を結ぶ、相模川に架かる橋)

 (厚木市「戸沢橋スポーツ広場」(厚木市戸田地先)側で実施)

内容

 橋で、ロボットの設置・点検・撤収までの作業を行い、風などによる影響を確認するとともに、耐久性及び使い勝手を検証する。

【実証実験2】 高齢者に寄り添い、家族と繋がる 小型モバイルロボット(シャープ株式会社(東京都港区))

ロボットの概要

シャープロボット画像

  •  コミュニケーション機能に優れ、スマホ機能を搭載した小型ロボット「ロボホン」に、一人暮らしの高齢者向けアプリを搭載しました。
  •  家族への連絡や外出を促すような話しかけを行ったり、日々の状況をメールで家族へ通知したりします。

(画像提供:シャープ株式会社)

実証の概要

非公開  一般には非公開ですが、取材については、問合せ先にご連絡ください。

 日時

平成29年9月20日(水曜日)から11月30日(木曜日)

場所

社会福祉法人 聖隷福祉事業団
 高齢者複合施設「聖隷藤沢ウェルフェアタウン」(藤沢市大庭5526-2)

内容
  •  施設の利用者に日常的に使用してもらい、ロボットへの印象や使い勝手を検証するとともに、ロボットの促しによる外出頻度、離れて暮らす家族とのコミュニケーション頻度への影響を検証する。

(問合せ先) 
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
課長     
 山崎 電話 (045)210-5630(直通)
技術開発グループ      
 加藤 電話 (045)210-5640(直通)

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。