津久井合同庁舎新築工事の発注時期の延期について

掲載日:2017年6月28日
平成29年6月28日
記者発表資料
(県政・相模原記者クラブ同時発表)

津久井合同庁舎新築工事の予定地に、埋蔵文化財が存在することが判明し、発掘調査を行うため、今年度の第1四半期に予定していた新築工事の発注時期を延期します。

 

1 概要

(1)埋蔵文化財の所在地

津久井合同庁舎敷地内新築工事予定地(相模原市緑区中野937-2)

(2)状況

現地は、文化財保護法で定める「周知の埋蔵文化財包蔵地」(※)であることから、試掘調査を行ったところ、奈良・平安時代及び縄文時代の遺構・遺物が確認されたため、新築工事前に、発掘調査を行います。
※貝づか、古墳その他埋蔵文化財を包蔵する土地として周知されている土地。

(3)その他

発掘調査に要する工期等は、現在調整中です。
なお、建替え後の合同庁舎は、平成31年3月に供用開始予定でしたが、発掘調査実施のため、供用開始が遅れます。

 

2 今後の対応

発掘調査を実施し、その後、津久井合同庁舎新築工事を発注します。

 

問合せ先


神奈川県県土整備局事業管理部県土整備経理課

課長 柏木         電話045-210-6070

経理第一グループ 鈴木 誠 電話045-210-6078

神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 事業管理部 県土整備経理課 です。