神奈川県と東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)がヘルスケア・ニューフロンティアの推進に向けた連携協定書を締結しました!

掲載日:2017年5月30日
平成29年5月30日
記者発表資料
(宮城県政記者会・文部科学記者会・科学技術記者会同時発表)

神奈川県と東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)が ヘルスケア・ニューフロンティアの推進に向けた連携協定書を締結しました!~自治体としては全国初の遠隔セキュリティエリアを設置~

神奈川県が推進するヘルスケア・ニューフロンティアでは、今後、ヘルスケア分野の研究成果の実用化促進等 を図るためには、ビックデータやゲノムコホートの成果などを活用していくことが重要となってきています。

東北大学東北メディカル・メガバンク機構(以下「ToMMo」(トモ)という。)は、15万人の大規模ゲノムコホート研 究や数万人規模のゲノム情報等解析を行っており、地域医療の復興への貢献及び次世代医療体制の構築に むけた取組みを推進しています。

今回、神奈川県と ToMMo が連携協定を締結することとなり、ライフイノベーションセンター4階のかながわクリ ニカルリサーチ戦略研究センター室内に、ToMMo の遠隔セキュリティエリア(ビックデータ等利用可能な外部 端末)を設置することができました。これ(当エリアの設置)には、国立研究開発法人科学技術振興機構のリサ ーチコンプレックス事業の支援を受けており、自治体としては、全国で初めての取組みとなります。

このことを受けて、本日、黒岩知事と ToMMo の山本雅之機構長が出席し、「ヘルスケア・ニューフロンティアの 推進に向けた連携協定書」を締結しましたので、お知らせします。 (記者の皆様には、締結式の写真を提供することは可能ですので、必要な場合は御連絡ください。)

神奈川県と東北大学東北メディカル・メガバンク機構との連携協定書の概要

1 目的
ビックデータやゲノムコホート(同一集団の観察研究)などの成果を活用しながら、ヘルスケア・ニューフロ ンティアを推進する。

2 締結当事者
神奈川県知事 黒岩 祐治
東北大学東北メディカル・メガバンク機構長 山本 雅之

3 主な連携事項
(1) 「かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター」による革新的医薬品や再生医療等製品の開発支援等に おけるビックデータの活用
(2) 未病や最先端技術等に関して京浜臨海部地域等で推進する産学公連携事業の取組
(3) メディカル・イノベーションスクール(仮称)を含む人材育成

(添付資料)
別紙1:神奈川県と東北大学東北メディカル・メガバンク機構とのヘルスケア・ニューフロンティアの推進に向け た連携協定書 [PDFファイル/327KB]
別紙2:具体的な連携事業の概要 [PDFファイル/304KB]

(問合せ先)
神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室

  • ライフイノベーション担当課長  大木
  • 電話 045-285-0038
  • 最先端医療産業グループ   前田
  • 電話 045-285-0187

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。