第53回神奈川県美術展における出品料の徴収不足について

掲載日:2017年5月17日
平成29年5月17日
記者発表資料

神奈川県美術展委員会、県、公益財団法人神奈川芸術文化財団(以下「芸文財団」という。)が開催している神奈川県美術展において、平成29年5月13日(土曜日)、出品料の徴収不足が判明しました。

 

不足額

7,000円。出品部門の一つである「平面立体部門」について、出品料7,000円(1点分)の徴収不足が生じている。

 

経緯

平成29年5月13日(土曜日)、14日(日曜日)  第53回神奈川県美術展の応募作品搬入を受付

平成29年5月13日(土曜日) 15時頃     出品点数と出品料を突合する中で、7,000円が不足していることが判明した。

判明後本日まで         捜索を行うとともに、13日に出品した方に対し、出品料の支払いの有無を確認した。

 

対応

捜索を継続するとともに、出品者に対して、再度確認を行う。

再発防止の観点から、応募作品搬入時の対応や今後の作業手順等について、課題等を整理し、見直しを行う。

 

神奈川県美術展の概要

昭和40年から毎年開催し、今年度は、合計で1,245点※の応募があった(速報)。

(※平面・立体部門のうち「立体」は75点)

会期:6月14日(水曜日)から7月1日(土曜日)まで

部門:4部門で募集(平面立体、工芸、書、写真)

問合せ先

神奈川県美術展委員会事務局長

神奈川県民ホール副館長 永井 電話045-633-3683

神奈川県県民局くらし県民部 

文化課長 大場   電話045-210-3800 

公益財団法人 神奈川芸術文化財団 

専務理事 薄井 電話045-633-3676

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 文化課 です。