県立高等学校教員の教員免許状の失効による失職について

掲載日:2017年4月28日
平成29年4月28日
記者発表資料

 県立弥栄高等学校教諭(35歳・男性)が、教員免許更新手続を失念し、免許更新の修了確認期限である平成29年3月31日を経過したことから教員免許状が失効し、同日に遡り失職となりました。

1 判明の経緯

 当該教諭が免許更新の修了確認期限を過ぎていることに気付き、平成29年4月27日に管理職へ報告して発覚しました。

2 生徒への影響と事実判明後の対応

 平成29年4月10日から27日まで授業を実施していましたが、この間の授業につきましては、適切に行われていると学校長が認めており、生徒への影響は生じません。

 本日付けで、保護者に対してご連絡するとともに、5月1日に説明会を開催し、謝罪等を行います。

3 原因と対応策

 当該教諭が修了確認期限を誤認していたこと、管理職による確認が不十分であったことが原因です。

 本日付けで各県立学校に対し、全教員の免許状の調査を指示するとともに、教員免許更新手続を確実に行うよう徹底しました。

 

(問合せ先)
神奈川県教育委員会教育局行政部教職員人事課

  • 課長  舘
  • 電話  045-210-8133
  • 県立学校人事担当課長  篠塚
  • 電話  045-210-8134
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 行政部 教職員人事課 です。