ヘルスケア・ニューフロンティアシンポジウムを開催!

掲載日:2017年4月28日
平成29年4月28日
記者発表資料

ヘルスケア・ニューフロンティアシンポジウムを開催!
―ビッグデータの活用により革新的医薬品開発を促進―

神奈川県では、革新的医薬品や再生・細胞医療などの実用化促進に取り組んでいます。昨年11月にはスタンフォード大学医学部との間で「ライフサイエンス、ヘルスケア、未病等での連携・協力に関する覚書(MOU)」を締結しており、今後も神奈川からの国内外連携を積極的に推進する予定です。
今般、こうした取組みの一環として、スタンフォード大学、ハーバード大学、東北大学東北メディカル・メガバンク機構等国内外から医薬品開発関連分野のキーパーソンを招聘し、医薬品開発の加速化に向けたビッグデータ等の活用について議論・検討するシンポジウムを開催します。

シンポジウム概要

(1)名称 ヘルスケア・ニューフロンティアシンポジウム「新たな臨床研究デザイン―ビッグデータ活用の可能性―」

(2)日程 平成29年5月29日(月曜日)9時30分から15時(開場9時)

(3)会場 横浜シンポジア(横浜市中区山下町2産業貿易センタービル9階)

(4)対象者 新たな医薬品の開発・実用化等に関心のある方

(5)定員等 定員120名、同時通訳あり。参加無料。

(6)主な登壇者(敬称略)
 ・ロナルド・パール(Ronald G. Pearl)/スタンフォード大学医学部麻酔科部長
 ・リー・ジェン・ウェイ(Lee Jen Wei)/ハーバード大学公衆衛生大学院教授
 ・山本雅之/東北大学東北メディカル・メガバンク機構長
 ・竹内正弘/かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター長、北里大学薬学部臨床医学(臨床統計学)教授、
       ハーバード大学公衆衛生大学院Adjunct Professor
 ・宮川繁/大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科学特任教授
 ・武田伸一/国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター神経研究所長
 ・永井宏忠/厚生労働省医政局研究開発振興課課長補佐
 ・吉田易範/国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)臨床研究・治験基盤事業部長
 ・桐生康生/独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)上席審議役

(7)共催 スタンフォード大学、R&Dヘッドクラブ(製薬企業19社で構成(H29.1 現在))

2 申込方法

参加を希望される場合は、5月25日(木曜日)までに、下記からお申込みください。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531396/p1132392.html

(問合せ先)
神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室

  • ライフイノベーション担当課長  大木
  • 電話 045-285-0038
  • 国際戦略グループ   関口
  • 電話 045-210-2725
神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。