三浦ふれあいの村の貸付先事業者を募集します

掲載日:2017年4月21日
平成29年4月21日
記者発表資料

 神奈川県では、「神奈川県立三浦ふれあいの村」を平成7年4月に設置し、児童、生徒、青少年等が自然の中での体験及び人との交流を通じて自立心、協調性をはぐくむふれあい活動のための施設として、運営してきましが、平成29年度末をもって、公の施設としては廃止し、平成30年度からは、県が、一定の条件の下に施設を事業者に無償で貸付け、貸付先事業者による運営に移行することとしました。
 このたび、貸付先事業者を次のとおり募集いたします。

1 施設の概要

(1) 名称  神奈川県立三浦ふれあいの村

(2) 所在地 三浦市初声町和田3136

(3) 施設等の概要

 施設の種類等

構造・規模

数量

概      要

敷地

135,640.14平方メートル

 

 

本館

(しおさい棟)

鉄筋コンクリート造2階

 延 1,727.18平方メートル

1棟

事務室、集会室、会合室、食堂

宿泊棟

(しおさい棟)

鉄筋コンクリート造2階

     延   985.51平方メートル

1棟

宿泊室(8人×8、6人×4、12人×1)

浴室

体育館

鉄筋コンクリート造2階

    延   925.77平方メートル

1棟

バスケットボール1面

又はバレーボール2面

本館

(やまびこ棟)

鉄筋コンクリート造3階

    延 7,321.42平方メートル

1棟

事務室、集会室、教室、和室

宿泊室(8人×37、3人×7)

食堂、浴室

便所・シャワー棟

鉄筋コンクリート造1階

    延   166.00平方メートル

1棟

 

その他

受水槽ポンプ棟1棟、倉庫2棟、プロパン庫2棟

野外炊事場2箇所、運動広場(ソフトボール2面)

特記事項

・宿泊定員 417名(しおさい棟 100名※、やまびこ棟 317名)

・建物は、昭和47年に建築

・やまびこ棟は、老朽化対策工事を実施中(平成29年8月まで)

・しおさい棟(本館・宿泊棟)及び体育館の耐震化及び老朽化対策工事実施に向け、平成29年度に実施設計を実施します。

※しおさい棟の工事実施により、しおさい棟の宿泊定員は減少する場合があります。(現在の見込みでは、最大12名程度減少)

2 貸付条件 

(1) 施設の機能

 次のア、イ及びウの機能を有する施設として運営することとします。

ア 児童、生徒、青少年等が自然の中での体験及び人との交流を通じて自立心、協調性をはぐくむふれあい活動(以下「自然体験活動」という。)のための施設としての機能

 (ア) 学校(小中学校、高等学校、特別支援学校、幼稚園など)、青少年団体等の施設利用者がそれぞれの目的に沿った自然体験活動を行うことができるよう支援を行うこと

 (イ) 県内の学校が教育活動の一環として利用する場合には、一般の利用に優先して受付ける仕組みを確保すること

 (ウ) 県内の学校が教育活動の一環として利用する場合には、一般の利用に比べ低廉な料金を設定すること

 (エ) 青少年等を対象に、自然体験活動の指導者及びボランティアを育成する事業を企画立案し、実施すること

イ 三浦半島の地域振興拠点としての機能

 (ア) 冬季でも楽しめるマリンプログラムなどにより、年間を通じた魅力ある自然体験プログラムを提供すること

 (イ) 三浦半島の食材を活かした食事を提供すること

 (ウ) 県及び近隣自治体の施策・イベント等へ積極的に参加・協力すること

 (エ) 周辺の観光施設とのタイアップや観光資源を活用した事業等を企画すること

ウ 災害時における避難施設としての機能

 (ア) 災害時には避難施設として施設を提供すること

 (イ) 地域と連携した避難訓練等を実施すること

(2) 利用料金等

 貸付先の事業者は、施設の管理運営に必要な利用料金を、施設の利用者から徴収することができるものとします。

 貸付先の事業者は、当該施設専用の口座を設けるなど、他事業と区分して収入及び支出を適正に管理することとします。

(3) 貸付期間中の費用負担

 貸付期間中の土地及び建物の維持管理、修繕に要する経費については、貸付先の事業者が全額負担するものとします。ただし、施設運営の根幹に関わる大規模修繕に要する経費については、県が負担するものとします。

(4) 特記事項

 5年間の収支差額の合計が一定額以上見込まれる場合には、別途協議した額を県へ納付することとします。なお、納付方法等についても、別途協議したうえで決定します。

3 貸付期間 

 平成30年4月1日から平成50年3月31日まで(20年間)

4 貸付料 

 土地・建物とも無償貸付とします。当該施設で現在使用中の県有物品については、無償譲渡とします。

5 応募者の資格 

 神奈川県内に事務所を有している法人または団体若しくはそれらのグループ(以下「法人等」といいます。)が応募できるものとし、個人ではできません。

6 応募の手続

(1) 受付期間 

  平成29年4月24日(月曜日)から平成29年6月9日(金曜日)まで

(2) 現地説明会の開催

  平成29年5月10日(水曜日) 13時30分から15時30分まで

8 貸付先事業者候補の決定方法等

 応募者から提出された書類等は、選定基準に基づき外部有識者等で構成する貸付先事業者選定委員会が評価を行い、その結果を踏まえ、県が貸付先事業者候補を決定します。

 

 募集に関する詳細は、教育局支援部子ども教育支援課のホームページをご覧ください。

 三浦ふれあいの村に関するホームページは、http://www.yokohamaymca.org/fureai/をご覧ください。

 

 

 

 

 

(問合せ先)
神奈川県教育委員会教育局支援部子ども教育支援課

  • 課長
  • 宮村
  • 電話 045-210-8212
  • 調整グループ
  • 石田
  • 電話 045-210-8226
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 子ども教育支援課 です。