九都県市ではPR動画を活用した「国民健康保険特定健康診査受診率向上キャンペーン」を実施します

掲載日:2017年3月29日
平成29年3月29日
記者発表資料
(九都県市(神奈川県、埼玉県、千葉県、東京都、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)同時発表)

死亡原因の5割超を占める生活習慣病を早期に発見し改善を図るためには、特定健康診査を積極的に受診することが重要です。

九都県市と関係市区町村は、安心して長生きできるための健康増進に対する取組の一つとして、特定健康診査の受診率向上を目的に、動画を活用したキャンペーンを実施します。

1 実施期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日

2 実施方法

(1) 神奈川県の取組み

県庁内に設置したデジタルサイネージにて動画「夫婦でいっしょに特定健診へ行こう15秒バージョン」を放映し、特定健康診査をPRするとともに、かなチャンTV(神奈川県ホームページ)に、5本の動画を順次掲載していきます。

また、県内市町村にも活用を呼びかけます。

(2) 九都県市首脳会議の取組み

動画を広く視聴できるよう、下記のホームページに掲載します。

https://www.youtube.com/channel/UCjlwjOcSuV_bCsooauWfSAg

3 動画について

民間企業・大学の協力を得て若年層(40歳代から50歳代)に向けた特定健康診査PR用として制作した動画を使用します。

4 背景

特定健康診査は、40歳から74歳の医療保険加入者を対象にした健康診断で平成20年度から実施されています。平成26年度の特定健康診査受診率は、医療保険加入者全体では48.6%であるのに対し、市町村国保に限ると35.3%にとどまっており、その中でも大都市ほど低い状況にあり、受診率の向上が求められています。

5 動画イメージ

りんご父さんのイメージ画像

デル株式会社提供(15秒、1分)

≪りんご父さん≫

体型が違ってもそれぞれ問題のある家族を心配する娘が、家族に健康でいてほしいという思いから特定健康診査受診を歌に乗せて呼びかけます。

 

夫婦で一緒に特定健診へ行こうのイメージ画像

富士通株式会社提供(15秒、5分)

≪夫婦でいっしょに特定健診へ行こう≫

夫婦のコミカルなやり取りに丁寧な説明を組み合わせて、特定健康診査を受診する必要性を分かりやすく呼びかけます。

 

自分のため、何のため、特定健診を受診しよう

目白大学社会学部メディア表現学科提供(8分)

≪自分のため?何のため?特定健診を受診しよう!≫

新学期にスリムになって現れた教師。夏休みの間に何があったのか。教師の話を聞いた娘が父親の健康を願い特定健康診査受診を熱心に勧めます。

(問合せ先)
神奈川県保健福祉局保健医療部医療保険課

  • 課長
  • 田熊
  • 電話 045-210-4880
  • 国保指導グループ
  • 小沼
  • 電話 045-210-4881
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 医療保険課 です。