-「さがみロボット産業特区」重点プロジェクト-「ガイダンスロボットLIGHBOT(ライボット)」が商品化されました!

掲載日:2017年3月29日
平成29年3月29日
記者発表資料

ロゴ

 神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。
 このたび、重点プロジェクトとして支援してきた、人が行きたい方向に先導する「ガイダンスロボット」が商品化されましたので、お知らせします。

製品概要

 病院などの施設内において、視覚障がい者や高齢者等を目的地まで誘導するロボットです。タッチパネルから目的地を選択すると、地図情報や天井に貼られたマーカーなどから現在地を把握し、最適な経路で誘導します。
 また、進路上に障害物がある場合には、自動で回避または停止をします。

 ガイダンスロボットLIGHBOT

  • 製品名:ガイダンスロボットLIGHBOT(ライボット)
  • 販売者:日本精工株式会社
     所在地:東京都品川区大崎1-6-3 
     電話:03-3779-7111(代表)

※本ロボットは、生活支援ロボットの安全性に関する国際規格であるISO13482の認証を取得しています。また、ロボットは神奈川県総合リハビリテーションセンターに導入されることが決まっています。

※レンタル契約での運用となります。価格は、施設の規模や導入台数等により異なるため、販売者にお問合せください。

リリース日

  • 平成29年4月3日(月曜日)                                     

支援内容

  •  神奈川県総合リハビリテーションセンターにおいて実証を行い、同研究部研究員や七沢自立支援ホーム視覚障害者支援員、一般モニターの意見を取り入れ、実用性を向上させました。
  •  神奈川県産業技術センターにおいて振動や電磁波等に対する性能試験を行い、ロボットの耐久性や安全性を向上させました。
  •  今後は、施設等への導入・普及と合わせロボットの改良に向けた実証など引き続き支援してまいります。

(問合せ先)
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
 課長 依田
 電話 045-210-5630
 さがみロボット産業特区グループ 品川
 電話 045-210-5650

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。