「かながわボランタリー活動推進基金21」平成29年度実施事業決定

掲載日:2017年3月28日
平成29年3月28日
記者発表資料

県は、県民の誰もが、その人らしく暮らすことができる「ともに生きる社会」の実現に向けた様々な取組みを進めています。

その一環として、地域や社会の課題解決に取り組むボランタリー団体等の活動を支援する「かながわボランタリー活動推進基金21」を活用し、平成29年度に実施する事業を次のとおり決定しましたので、お知らせします。

1 協働事業負担金

地域や社会の課題解決に向け、ボランタリー団体等と県とが対等な立場で、それぞれの強みを活かしながらパートナーシップを組んで進める事業です。

【一般部門】

13件の応募の中から、次の新規事業1件と28年度からの継続事業5件の計6事業を決定しました。

No.

事 業 名

団 体 名

県協働部署

地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業

特定非営利活動法人

STスポット横浜

文化課

障害福祉課

【課題部門】

6件の応募の中から、次の新規事業1件とと28年度からの継続事業3件の計4事業を決定しました。

No.

事 業 名

団 体 名

県協働部署

「食」と「地域」をつなぎ神奈川から貧困をなくすためのK-model構築事業

特定非営利活動法人

セカンドリーグ神奈川

子ども家庭課

生活援護課

住宅計画課

【特定課題枠】

13件の応募の中から、次の新規事業3件を決定しました。

No.

事 業 名

団 体 名

県協働部署

空き家等の利活用による地域の魅力アップ事業

特定非営利活動法人

横浜プランナーズネットワーク

住宅計画課

生活困窮者の自立支援ネットワークの形成

かながわ生活困窮者自立支援ネットワーク

生活援護課

特別支援学校におけるスポーツ環境モデル構築事業

特定非営利活動法人

高津総合型スポーツクラブSELF

スポーツ課

特別支援教育課

※各事業の詳細については、別紙1 [PDFファイル/267KB]をご参照ください。

2 ボランタリー活動補助金

ボランタリー団体等が地域や社会のニーズをとらえて自発的に取り組む事業です。

23件の応募の中から、次の新規事業4件とと28年度からの継続事業3件の計7事業を決定しました。

No.

事 業 名

団 体 名

高齢者向けの「患者力」啓発小冊子作成と啓発推進活動

NPO法人

Spes Nova

「地域を広報する」研修・ネットワーク事業

特定非営利活動法人

森ノオト

子どもがつくる地域メディア「じもたんkids」発信事業じもたんkids
「女性と防災~女性の視点で見た被災地の現実~」のオリジナル寸劇の普及

特定非営利活動法人

かながわ女性会議

※各事業の詳細については、別紙2 [PDFファイル/231KB]をご参照ください。

3 ボランタリー団体成長支援事業(委託事業)

ボランタリー団体が自発的かつ安定的に活動できるよう、県が中間支援組織等にその支援を委託して実施する事業です。

1件の応募の中から、1事業を決定しました。

No.

事 業 名

団 体 名

NPO支援機関の専門力強化および、NPOと支援機関のマッチングによる中長期計画策定支援

関内イノベーションイニシアティブ株式会社

(問合せ先)
 かながわ県民活動サポートセンター
  •  副所長
  •  西條
  •  電話 045-312-1121 (内線2801)
  •  基金事業課長
  •  岡
  •  電話 045-312-1121 (内線2830)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は かながわ県民活動サポートセンター です。