「かながわ消防」初の実動訓練を実施します!

掲載日:2017年2月1日
平成29年2月1日
記者発表資料

―県内全消防本部の参加による県内広域応援訓練の実施― 

 

1 目的

昨年4月にスタートした「かながわ消防」は、災害発生時に、県と県内消防本部が一丸となって県内の被災地を応援するしくみです。

今回の訓練は、この応援部隊の実効性を高めるため、県内全ての消防本部が集結し、初めての実動訓練を行うものです。

 

2 訓練日時

平成29年2月10日(金曜日) 9時45分から10時20分まで

 

3 訓練会場

横浜市消防訓練センター(横浜市戸塚区深谷町777番地) ※会場配置図はこちら [PDFファイル/267KB]

 

4 参加部隊

県内全消防本部から消防隊等32隊、航空機2機、隊員約200名

 

5 訓練の概要

県内で大規模災害が発生したことを想定し、災害発生時に即時出動する部隊の活動、応援部隊の各活動、活動を支援する部隊の訓練を次の項目で実施する。

 

6 主要訓練項目

指揮活動

活動隊全体の総括指揮、情報収集、負傷者搬送先の調整

救助活動

がれきからの救出、車両からの救出、倒壊建物からの救出 等

救急搬送活動

負傷者の緊急性判断(トリアージ)、負傷者搬送、ヘリとの連携

消火活動

現場付近の消防水利不能時の遠距離送水、消火活動

航空隊との連携活動

ヘリコプターによる負傷者搬送、上空からの情報収集、画像転送

後方支援活動

長期間の消防応援を想定したエアーテント設営 等

7 主催

神奈川県

8 訓練参加機関(26)

神奈川県、横浜市消防局、川崎市消防局、相模原市消防局、横須賀市消防局、平塚市消防本部、鎌倉市消防本部、藤沢市消防局、小田原市消防本部、茅ヶ崎市消防本部、逗子市消防本部、三浦市消防本部、秦野市消防本部、厚木市消防本部、大和市消防本部、伊勢原市消防本部、海老名市消防本部、座間市消防本部、綾瀬市消防本部、葉山町消防本部、寒川町消防本部、大磯町消防本部、二宮町消防本部、箱根町消防本部、湯河原町消防本部、愛川町消防本部

 

9 取材

(1) 取材申し込み

本訓練の取材を希望される場合は、事前に次の事項をファクシミリにて下記申し込み先までお知らせください。

・会社名(支社名等まで)

・訓練中止の場合の連絡先電話番号

・取材者全員の氏名

(2) 駐車場

来賓等駐車場を御利用ください。会場内の走行経路等については、係員の指示に従ってください。

(3) 留意事項

・ 取材可能場所については、当日、御案内いたします。

・ 訓練参加者への直接の取材は、訓練の支障になりますので、御遠慮ください。

・ 取材にあたっては、腕章の着用をお願いします。

(4) その他

   取材申し込み期限 2月9日(木曜日)15:00まで

   申し込み先     神奈川県安全防災局安全防災部消防課あて

                ファクシミリ番号 045-210-8829

 

10 一般の方の見学

ヘリコプターの離着陸がありますので、安全管理上、一般の方の見学は不可としております。

 

 

 

 

 

(問合せ先)
神奈川県安全防災局安全防災部消防課
  • 課長
  • 原田
  • 電話 045-210-3422
  • 推進グループ
  • 田口
  • 電話 045-210-3436

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 安全防災局 安全防災部 消防課 です。