‐重点プロジェクト‐ 生活支援ロボットの実証実験を行います!!

掲載日:2017年1月31日
平成29年1月31日
記者発表資料

ロゴ

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。このたび、「重点プロジェクト」として支援している「浴室設置型入浴支援ロボット」について、実証実験を行うこととしましたのでお知らせします。

実施概要

【実証実験】「浴室設置型入浴支援ロボット」の在宅利用における新機能の検証 (TOTO株式会社)

ロボットの

概   要

  • ロボットの画像 浴槽に取り付けたシートが電動で昇降し、浴槽内での立ち座りをサポートします。
  •  現在販売している機種に比べ、開発中の機種は、洗い場側から浴槽中央部までの横移乗をサポートする機能や、更に安定性を高める機能を新たに追加しています。
  •  今回は、在宅の環境で、現行品と開発中の機種を比較検証し、新機能の有効性を確認します。

※写真は現行品です。

(写真提供:TOTO株式会社)

実証実験の

概   要

日 時

平成29年2月1日(水曜日)から15日(水曜日)

※上記日程の中で2日間実施します。

場 所

平塚市内の個人宅

(協力:医療法人救友会 SMC訪問看護ステーションさなだ)

内 容

 現行品と開発中の機種を用いた入浴介護を行っていただき、介護者及び被介護者の姿勢から身体への負担を定量的に計測します。また、負担感や安心感等について動作毎にヒアリングを行い、追加した新機能の効果の検証をします。

※一般には非公開ですが、取材を希望される場合は産業振興課までお問い合わせください。

(問合せ先)
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
  • 課長 依田
  • 電話 045-210-5630
  • さがみロボット産業特区グループ 品川
  • 電話 045-210-5650
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。