観光客の受入環境を整備する具体的な事業の内容等を幅広く協議するため、「神奈川県観光客受入環境整備協議会」を設立します!

掲載日:2017年1月20日
平成29年1月20日
記者発表資料

 県では、国内外からの観光客の持続的な増加を図るには、快適な旅行を楽しみ、リピーターになってもらうことが重要であり、そのための受入環境を官民が連携して整備していく必要があると考えています。
 特に近年は、外国人観光客が急速に増加している中で、多言語の観光案内所や案内板の整備、通訳ガイドの育成、無料Wi-Fiの設置、海外発行のクレジットカードによる決済の導入などが求められています。
 そこで、観光客の受入環境の整備について、関係する事業者団体や学識経験者等に幅広く協議していただくため、「神奈川県観光客受入環境整備協議会」を設置し、第1回協議会を開催します。

【協議会で協議する事項】
 (1) 観光客の受入環境を整備するための具体的な事業の内容と経費の総額
 (2) (1)の受入環境整備事業を実施する上での行政(県・市町村)と民間事業者の役割分担や連携方策
 (3) (2)の役割分担等に基づき、行政(県・市町村)が行う受入環境整備事業の財源を確保するための方策

1 日時

平成29年1月26日(木曜日) 10時00分から12時00分まで

2 場所

(公財)神奈川産業振興センター 大研修室(横浜市中区中区尾上町5丁目80)

3 協議会構成員

神奈川県観光客受入環境整備協議会 構成員名簿 [PDFファイル/168KB]のとおり

4 会議の議題

(1)座長の選任

(2)観光客の受入環境を整備するための具体的な事業の内容

5 取材について

 本協議会は報道機関の取材が可能です。取材をご希望の方は、平成29年1月25日(水曜日)17時までに、問合せ先にご連絡ください。

6 参考(第2回以降の協議会の開催予定)

区分

時期

議 題

第2回

2月

受入環境を整備するための具体的な事業の内容と経費の総額

第3回

3月

第4回

4月上旬

受入環境整備事業を実施する上での行政と民間事業者の役割分担と連携方策

第5回

4月下旬

行政が行う受入環境整備事業の財源を確保するための方策

第6回

5月

まとめ

※ 必要に応じて、一部の構成員による部会を開催する。

 

(問合せ先)
神奈川県産業労働局観光部
  • 観光企画課長 八尋
  • 電話 045-210-5760
  • 観光企画課副課長 山田
  • 電話 045-210-5761
  • 国際観光課長 脇
  • 電話 045-210-4015
    • 国際観光課副課長 小杉
    • 電話 045-285-0811

 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 観光部 観光企画課 です。