日産スタジアムでテロ災害を想定した国民保護共同訓練を実施します!

掲載日:2017年1月12日
平成29年1月12日
記者発表資料

県では、ラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、国及び横浜市との共催により、大規模イベント開催時におけるテロ攻撃を想定した、国民保護訓練を実施します。

 

1 訓練日時

平成29年2月9日 木曜日 〔実動訓練〕10時から12時 〔図上訓練〕10時から17時(国との共同訓練は13時から17時)

2 訓練会場

日産スタジアム(実動訓練:スタンド等 図上訓練:会議室) ※詳細は別紙参照

3 訓練の特徴

○ 2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックの競技会場である「日産スタジアム」において、国、横浜市と共催で実施

○ 爆破テロ事案による多数傷病者発生・大量搬送を中心とした「実動訓練」と、生物剤散布、立てこもり等の同時多発テロ事案を想定した「図上訓練」を同時進行

○ 事前にテロ災害の内容を訓練参加者に明らかにしない、いわゆる「ブラインド訓練」により、実践的な対応を検証

○ 消防、警察、自衛隊、医療機関など、多くの関係機関が連携して、テロ事案に対処

○ CBRNE(化学剤、生物剤、放射性物質、核、爆発物)に対応した最新の資機材を展示

4 訓練想定概要

事案の概要

訓練内容

第1事案

日産スタジアムでの爆破

スタンド内で実動訓練を実施

 

第2事案

近隣集客施設での炭疽菌散布

スタジアム会議室に関係機関が参集して

図上訓練を実施

第3事案

市内中心部での立てこもり

第4事案

みなとみらい地区での爆破物発見

第5事案

県内主要駅での爆破

5 主要訓練項目

実動訓練

1.避難誘導(初動対応・検知) 2.救出・救助 3.応急救護 4.救急搬送

図上訓練

1.初動対応 2.情報収集 3.情報伝達 4.事態認定に向けた調整

6 主催

神奈川県、国、横浜市

7 訓練参加機関

内閣官房、消防庁、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市、警察、消防、自衛隊、医療機関 等

8 見学・取材

(1) 受付

訓練当日、9時50分までに受付場所にお越しください。取材の事前申込は不要です。

(2) 駐車場

視察者・報道関係者等駐車場(新横浜公園第1駐車場)を御利用ください。

(3) 留意事項

・参観及び取材可能場所については、当日、御案内いたします。

・訓練中の参加者への直接の取材は、訓練の支障になりますので、御遠慮ください。

・取材にあたっては、腕章の着用をお願いします。

・実動訓練終了後、知事等への囲み取材時間を設けています。

9 その他

訓練当日は、午前7時までに訓練の実施または中止の情報を県のホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/sys/bousai/portal/index.html)に掲載します。

負傷者救出の様子    除染作業状況

     <負傷者救出状況>               <除染(汚染物除去)作業状況>

訓練会場詳細 [PDFファイル/229KB]

(問合せ先)
神奈川県安全防災局安全防災部危機管理対策課

    課長 上田 電話 045-210-3460

    課長代理 加藤 電話 045-210-3465

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 安全防災局 安全防災部 危機管理対策課 です。