「地域産業資源」を使った新たな事業についてのセミナーを開催します!

掲載日:2017年1月13日
平成29年1月13日
記者発表資料

多くの観光客が本県を訪れるラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、神奈川の魅力を国内外に発信する絶好のチャンスとなります。

県では、このチャンスに「地域産業資源」を使って新たな商品開発や新たなビジネスを始める中小企業・小規模企業や事業協同組合等の皆様をサポートするため、次のとおりセミナーを開催します。

セミナーの概要

日時

平成29年2月3日(金曜日) 14時30分から17時まで

会場

神奈川県中小企業センタービル13階 第2会議室(横浜市中区尾上町5-80)

対象

「地域産業資源」を活用して「新たな事業」を始めることに関心をお持ちの中小企業・小規模企業、事業協同組合等関係者の方

内容

「地域産業資源」を活用した事業について事業計画策定のポイントなどを分かりやすく説明するほか、実際に「地域産業資源」を活用した事業を展開している事業者の方が体験談をお話しします。

費用

無料

申込

参加者の企業名、職名、氏名、連絡先を神奈川県産業労働局中小企業部中小企業支援課団体指導グループ宛にメール(dantaisidou@pref.kanagawa.jp)またはお電話(045-210-5553)でお知らせください。

「地域産業資源」とは・・・ [PDFファイル/255KB]

地域の特産物として相当程度認識されている農林水産物又は鉱工業品、その鉱工業品の生産に係る技術、文化財、自然の風景地、温泉などを指します。県内には、三崎のまぐろや箱根温泉など、県が指定する「地域産業資源」が140品目あります。

「地域産業資源」を活用した事業が国の認定を受けると・・・

「地域産業資源」を活用した「新たなビジネス」について、国からその事業計画の認定を受けると、補助金や設備投資減税、低利融資等の支援を受けることができます。

(問合せ先)

神奈川県産業労働局中小企業部中小企業支援課

  • 課長       丸山  電話045-210-5550
  • 副課長      西川   電話045-210-5551

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 中小企業部 中小企業支援課 です。