二級河川堀割川の不法係留船に対する行政代執行の実施

掲載日:2016年11月30日
平成28年11月30日
記者発表資料

二級河川堀割川の不法係留船に対する行政代執行の実施

 

 横浜川崎治水事務所では、大岡川水系(大岡川、中村川、堀川、堀割川)における不法係留船の解消に向けて、従前から対策を推進しているところですが、その一環として、行政代執行法第2条に基づき、次のとおり行政代執行を実施します。

 なお、今後も引き続き、大岡川水系全体で撤去指導等を実施してまいります。

 

行政代執行の概要

(1)実施日時:平成28年12月5日(月曜日)から平成29年1月13日(金曜日)のうち数日

※各日午前8時30分から午後5時まで(予定)

(2)実施区間:二級河川堀割川(中村橋から八幡橋)※別紙参照

(3)対象隻数:9隻程度

(4)実施方法:各係留場所から撤去し、保管場所(横浜市内)に移動し、保管

※実施内容は、対象船舶の自主的な移動や天候等により変更する場合があります。

(参 考)

○大岡川水系における主な対策

平成13年3月      大岡川水系の二級河川(日野川を除く。)の全区間を、
            重点的にプレジャーボートを撤去する必要があると
            認められる「重点的撤去区域」に指定

平成13年度から平成24年度 所有者が不明な船舶に対する河川法に基づく簡易代執行114隻、
             所有者が判明している船舶に対する行政代執行5隻及び廃棄物と
             認められる沈廃船の撤去9隻を実施し、合計128隻を強制撤去

平成25年度        行政代執行6隻実施

平成26年度        行政代執行3隻実施

平成27年度         行政代執行5隻、簡易代執行2隻実施

平成28年9月       行政代執行6隻実施

 ※平成13年度から平成28年9月までに簡易代執行116隻、行政代執行25隻、
  沈廃船の撤去9隻、合計150隻を強制撤去

○大岡川水系における不法係留船の隻数

 平成8年10月時点662隻→平成28年9月時点93隻(差し引き△569隻)

 

(別 紙)大岡川水系位置図 [PDFファイル/125KB]

(問い合わせ先)
神奈川県横浜川崎治水事務所許認可指導課
  • 課長 石神
  • 電話 045-411-2507

神奈川県県土整備局河川下水道部河川課

  • 課長 横溝
  • 電話 045-210-6470

 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 河川下水道部 河川課 です。