BCMS(事業継続マネジメントシステム)セミナーを開催します!

掲載日:2016年11月7日
平成28年11月7日
記者発表資料

 東日本大震災以降、BCP(事業継続計画)の重要性が注目され、県内でもBCPを作成する中小企業が増えてまいりました。

 また、本年4月の熊本地震において、東日本大震災と同様に、多くの企業で部品の調達が困難となり、操業を停止せざるを得ない状況となるなど、あらためてBCP及び、事業継続のためのマネジメントシステムであるBCMSの必要性がクローズアップされています。

 そこで県では、BCP及びBCMSのより一層の普及・作成支援を行うため、公益社団法人神奈川県工業協会と共催で、セミナーを開催します。

○BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)とは、企業が災害、事故や感染症の拡大などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。
BCPを作成することで、地震などの緊急事態が発生しても、顧客の信頼及びマーケットシェアが維持できるほか、企業価値の向上など、企業にとって様々なメリットがあります。

○BCMS(Business Continuity Management System)とは、全社的なマネジメントシステムの一部として、事業継続の確立、導入、運用、レビュー、維持・改善を行うマネジメントシステムのことです。

1 日時:平成28年12月5日(月曜日)15:00から17:00まで

2 会場:神奈川県中小企業センタービル 6階大研修室 (横浜市中区尾上町5-80)

3 共催:公益社団法人神奈川県工業協会 神奈川県

4 プログラム

  テーマ:大規模災害発生時等における事業継続(BCMS)

  第1部 ISO22301の概要

  【講 師】伊林 高広 氏  一般社団法人日本品質保証機構

  第2部 JMSA-BCMSについて

  【講 師】中川 朝彦 氏  一般社団法人日本金属プレス工業協会

  第3部 震災時の初期・初動対応について

  【講 師】秋庭 英夫 氏  一般社団法人日本CSR協会

5 参加費用:無料

6 申込先:参加者の企業名、職名、氏名を記載の上、公益社団法人神奈川県工業協会宛にメール(kis@kka.or.jp)又はFAX(045-633-5141)

(問い合わせ先)
 神奈川県産業労働局中小企業部中小企業支援課
  • 課長 丸山 
  • 電話 045-210-5550
  • 副課長 西川
  • 電話 045-210-5551
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 中小企業部 中小企業支援課 です。