‐公募型「ロボット実証実験支援事業」‐ 生活支援ロボットの実証実験を行います!!

掲載日:2016年10月24日
平成28年10月24日
記者発表資料

さがみロボット産業特区

 神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一環として、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、採択した企画の実施を支援する公募型「ロボット実証実験支援事業」を推進しています。本年度は13件を採択しており、その中から次の実証実験を行うこととしましたのでお知らせします。

◎実施概要

【実証実験】 災害対応ロボット等に搭載する360度電子走査電波センサー(サクラテック株式会社(神奈川県川崎市))

ロボットの概要

  • センサー画像 複数のアンテナにより送受信を行うMIMO(マイモ)テクノロジーを利用した24GHz帯電子走査電波センサーで、小型・省電力化による可搬性を実現しつつ、目標物の位置を広範囲に高精度かつ短時間で検出可能。
  •  長方形のセンサーを右写真のように4面で組み合わせることで、360度検出を実現。
  •  災害対応ロボットへの搭載も可能。

(写真提供:サクラテック株式会社)

実証の概要

公開  見学・取材については、お問い合わせ先にご連絡ください。

日時

平成28年10月27日(木曜日)から平成29年1月18日(水曜日)

※上記日程の中で9回程度実施します。

場所

「さがみロボット産業特区」プレ実証フィールド(元県立新磯高等学校)

相模原市南区新戸2607-2 JR相模線「相武台下駅」から徒歩15分

内容

  プレ実証フィールド構内で、人や車両を配置しセンサーによる検知試験を行なうことで、検知機能の評価・検証を行う。

(問い合わせ先) 
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
課長     
 依田 電話 (045)210-5630(直通)
技術開発グループ      
 廣井 電話 (045)210-5646(直通)

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。