神奈川県指定重要文化財の指定の答申について

掲載日:2016年10月19日
平成28年10月19日
記者発表資料

平成28年10月18日(火曜日)に開催された平成28年度第2回神奈川県文化財保護審議会(会長 佐藤宏之) における審議の結果、「旧神奈川県立近代美術館鎌倉館本館」を新たに神奈川県指定重要文化財(建造物)へ指定することが適当との答申が神奈川県教育委員会に対して行われましたので、お知らせします。                                                今後、指定の可否について神奈川県教育委員会で審議することになります。

 

1 神奈川県指定重要文化財の指定が適当と答申された物件

種別

名   称

数量

所有者

所 在 地

建造物

旧神奈川県立近代美術館

鎌倉館本館

1棟

神奈川県

鎌倉市雪ノ下二丁目1番53号 

鶴岡八幡宮境内

 

2 物件の概要

  神奈川県指定重要文化財の指定が適当と答申された物件の概要 [Wordファイル/198KB]

 

3 今後のスケジュール

  11月に開催する教育委員会に議案を提出します。

  ※結果について、同日に記者発表します(参考資料送付)。

 

 

※ 現在、新館棟、学芸員棟除却工事中のため敷地への立入はできません。

  (平家池越しに見ることはできます。)

(問合せ先)

 神奈川県教育委員会教育局生涯学習部文化遺産課
  • 課長              
  • 福田 電話  045-210-8350(直通)
  • 世界遺産登録推進グループ
  • 谷口  電話  045-210-8359(直通)
 
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 生涯学習部 文化遺産課 です。