平成28年度全国学力・学習状況調査神奈川県の結果(詳細版)について

掲載日:2016年10月19日
平成28年10月19日
記者発表資料

 

平成28年4月19日に実施された全国学力・学習状況調査の神奈川県公立小・中学校の調査結果を分析し、まとめました。

<調査結果>

Ⅰ 調査結果のポイント               

【強み1】授業での活発な言語活動(話し合い活動等)により、児童・生徒の「伝えたい

     ことを適切に話す力」が養われています!

【強み2】児童・生徒の国語、算数・数学の授業に対する意欲的な姿勢が見られます!

【強み3】外部講師を積極的に活用した校内研修が行われています。また、小中連携

     しての授業研究が活発になっています!

<課題1>学校は、一人ひとりの児童・生徒が学んだことをしっかりと身に付けるために、

     自ら学ぶ習慣作りを進めることが必要です!

<課題2>学校は、全ての児童・生徒が自己肯定感をもち、夢や目標に向かう意欲を

     さらに高めていくことが必要です!

Ⅱ 神奈川県公立小中学校の調査結果について 〔資料編〕

  1 本調査の概要

  2 教科に対する調査の結果

  3 質問紙調査の結果

Ⅲ 神奈川県教育委員会の主な取組について

神奈川県公立小・中学校の調査結果(詳細版)PDFはこちら [PDFファイル/1.34MB]

(問い合わせ先)
神奈川県教育委員会教育局支援部

 子ども教育支援課 課長 宮村 
  電話  045-210-8212(直通)
 教育指導グループ  古島
  電話  045-210-8217(直通) 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 子ども教育支援課 です。