伊勢原市内板戸川における魚死亡事故について(第2報)

掲載日:2016年9月23日
平成28年9月23日
記者発表資料

1 概要

 平成28年9月16日(金曜日)に発生した、魚死亡事故(9月16日に記者発表)について、次のとおり原因調査を行いましたが、魚の死亡原因となる事象は確認できませんでした。

 (1)死亡魚が確認された場所

    伊勢原市鈴川51地先水路と板戸川の合流地点から下流約400mの範囲

  (2)回収した死亡魚の種類等

    9月17日(土曜日)に県及び伊勢原市が合計627尾のアユを回収

 (3)河川水の簡易分析結果

    9月16日に河川水の簡易分析を行ったところ、pHは中性、硝酸性窒素は5~10mg/L程度、溶存酸素は9mg/L程
   度、化学的酸素要求量は2mg/L程度、残留塩素は0.1mg/L程度、有害物質であるシアンは不検出であり、特に問題は
   ありませんでした。

 (4)原因調査結果

  ア 周辺工場聞き取り

    周辺事業所11箇所及び建設工事現場1箇所に対し、聞き取り調査を行いましたが、河川に影響を及ぼす作業は確認され
   ませんでした。

  イ 死亡魚の検査結果

    県水産技術センター内水面試験場が死亡魚の検査を行ったところ、病気による死亡の可能性は低いという結果となりま
   した。 

2 現状

  死亡魚を回収した地点及びその周辺の現地確認を行ったところ、河川とその周辺に異常は確認されませんでした。なお、ア
 ユ以外のハヤやコイの遊泳を確認しています。

3 今後の対応

  水質分析及び病気の検査結果では、アユの死亡の原因となった事象は確認できませんでしたが、引き続き伊勢原市と連携
 して、板戸川に異常がないか監視してまいります。

(問合せ先)
神奈川県湘南地域県政総合センター
  • 環境部長   矢板
  • 環境保全課長 長沼
  • 電話 0463-22-2711 内線2200
神奈川県

このページの所管所属は 湘南地域県政総合センター です。