セーリングワールドカップが江の島にやってくる

掲載日:2016年9月21日
平成28年9月21日
記者発表資料

セーリングワールドカップが江の島にやってくる

日本初開催!~江の島では2018年から2020年の3年連続~ 

国際セーリング連盟(World Sailing)が主催する「セーリングワールドカップ(SAILING WORLD CUP)(注)」の日本開催が決定しました。日本での開催は初めてとなります。
 日本では、2017年から2020年の間に4回開催され、そのうち2018年から2020年の3回については、神奈川県藤沢市にある江の島ヨットハーバーで開催されることになりました。
 県は、藤沢市とともに、地元自治体としてこの大会に協力することで、セーリングの普及及び東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技に向けた機運醸成を図ってまいります。

〈江の島での開催予定〉
2018年10月2019年10月2020年7月

(参考:2017年10月15日から22日まで 愛知県蒲郡市海陽ヨットハーバーで開催)

(注)セーリングワールドカップ(SAILING WORLD CUP)とは
 世界のトップセーラーたちが競い合う国際大会です。
 オリンピック実施種目である470級やRS:X級と呼ばれるウインドサーフィンなど、いくつかの種目が実施されます。
 1年間に3~4戦を世界各地の拠点で開催し、ポイントの合算で年間チャンピオンを決めます。

※本内容については、本日、(公財)日本セーリング連盟、藤沢市のほか、愛知県、蒲郡市においても記者発表を行います。

(問合せ先)
神奈川県スポーツ局オリンピック・パラリンピック課
  • セーリング競技担当課長
  • 三枝
  • 電話 045-285-0785
  • セーリング競技グループ
  • 松井
  • 電話 045-285-0788
神奈川県

このページの所管所属は スポーツ局 オリンピック・パラリンピック課 です。