「介護ロボット普及推進センター」事業に関する協定を締結します!

掲載日:2016年9月21日
平成28年9月21日
記者発表資料

 県は、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンスと、3施設目となる「介護ロボット普及推進センター事業に関する協定」を締結しますので、お知らせします。

1 協定締結先
  社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 理事長 鄭 義弘
  (海老名市河原口1320番地)

2 経緯
 介護・医療分野への介護ロボットの普及を図り、従事者の負担軽減、介護・医療サービスの質の向上等につなげるため、平成24年度から横浜市内の特別養護老人ホーム芙蓉苑及び長田病院を「公開事業所」と位置づけ、介護ロボットの活用現場を公開しています。
 この度、この2施設に加え、「さがみロボット産業特区」内に公開事業所を新設することとしました。

3 新規公開事業所
  介護老人保健施設アゼリア(海老名市河原口1357-1)

4 協定に基づき協力いただく内容
 (1) 介護ロボットの使用・評価
 (2) 視察・見学者の受入れ

5 公開予定ロボット
機器名コグニバイクパワーアシストハンドシルエット見守りセンサ
販売元インターリハ(株)(株)エルエーピーキング通信工業(株)
写真コグニバイクパワーアシストハンドシルエット見守りセンサ
用途認知症リスクの軽減リハビリ支援見守り
台数2台1台5台

6 協定締結式
 (1) 日 時
   平成28年9月27日(火曜日)14時00分から14時20分
 (2) 場 所
   神奈川県庁 本庁舎3階 第2応接室
 (3) 出席者
   社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス
    理事兼介護老人保健施設アゼリア施設長 川村 直樹 氏
   神奈川県
    黒岩知事
 (4) 取材について
   協定締結式当日の取材を希望される方は、お手数ですが前日までに高齢福祉課(問い合わせ先)まで御連絡ください。

7 協定締結後のスケジュール
  平成28年9月から11月  介護ロボットの使用・評価
  平成28年12月から    視察・見学者の受入れ

【参考資料】
 1 介護ロボット普及推進センター事業に関する協定書(案) [PDFファイル/24KB]
 2 介護ロボット普及推進センターの公開事業

(問い合わせ先)
 神奈川県保健福祉局福祉部高齢福祉課
  課長  青木
  電話   045-210-4830(直通)
  企画グループ 御薗生(みそのう)
  電話   045-210-4835(直通)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 福祉部 高齢福祉課 です。