神奈川の電力の地産地消を推進します!「地域電力供給システム整備事業」の採択事業が決定しました!!

掲載日:2016年8月19日
平成28年8月19日
記者発表資料

 県では、エネルギー自立型の住宅やビル、街の実現を目指し、エネルギーの地産地消を進めています。

 今回、その一環として、小売電気事業者による「神奈川の電力の地産地消推進」の取組として、県内の太陽光発電設備等の分散型電源から電力を調達し、県内のご家庭や事業者に電力を供給する地域電力供給システムの構築を支援するため、そのビジネスモデルの公募を行い、採択事業を決定しましたので、お知らせします。

1 事業の公募

・公募期間:平成28年5月24日から7月22日まで

・応募事業数:3事業者  

2 採択事業者及びモデル事業の概要

(1)湘南電力株式会社(平塚市)

ア 電力の調達(地産)について

・小田原箱根エネルギーコンソーシアムなどとの連携により、県内の太陽光発電設備から電力を調達します。

イ 電力の供給(地消)について

・湘南地域を中心とした地域のご家庭や事業者に対して、最大5%の安価な電力料金を提案し、電力を供給します。

・湘南電力の売上の一部を湘南ベルマーレの地域貢献活動等を通じて地域に還元します。

湘南電力スキーム図

(2)株式会社日本エコシステム(東京都港区)

ア 電力の調達(地産)について

・県内の住宅等の屋根に日本エコシステムが所有する太陽光発電設備を無料で設置し、電力を調達します。

イ 電力の供給(地消)について

・県内の住宅等の屋根に設置した太陽光発電設備による電力を住宅等で自家消費できます。

・電力契約のうえ、太陽光発電設備を設置した住宅等のうち、先着50世帯に対し、6か月間の電気料金を無料とすることで、太陽光発電の導入と電力契約者の拡大に取り組みます。

日本エコシステムスキーム図

(3)みんな電力株式会社(東京都世田谷区)

ア 電力の調達(地産)について

・県内の太陽光発電所等と県内のご家庭、事業者を「顔が見える関係」でつなぐ、自社のインターネットサイト「顔の見える発電所」内に専用コーナー「神奈川エネルギーマルシェ」を開設し、みんな電力が調達する太陽光発電所等を分かりやすく紹介し、契約を促します。

・安定した発電、地域活性に貢献した県内発電所を表彰し、電力買取価格を優遇します。 (通常、FIT価格プラス1円⇒表彰を受けた発電所は、FIT価格プラス2円)

・県内需要家が応援したい県内発電所をワンクリックすると、みんな電力が支援金を送ります。

イ 電力の供給(地消)について
・県内需要家が県内の発電所から電力を購入する場合に、電気料金の割引サービスを行います。(神奈川割)

みんな電力スキーム図

3 電力の地産地消推進事業の取組に関する協定

 既に県との協定締結済みの湘南電力に加え、みんな電力、日本エコシステムとの間でそれぞれ協定を締結し、より多くの太陽光発電等の調達、より多くの電力需要家の確保に関する神奈川の電力の地産地消に取り組みます。

(問合せ先)
神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
  • 課長
  • 天野
  • 電話 045-210-4101
  • 太陽光発電グループ
  • 川口
  • 電話 045-210-4090
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。