鶴見川水系鶴見川、矢上川、有馬川、早淵川、鳥山川、砂田川、大熊川、恩田川、梅田川及び麻生川について、想定し得る最大規模降雨による洪水浸水想定区域を指定・公表します

掲載日:2016年8月2日
平成28年8月2日
記者発表資料
(竹芝・埼玉県政・川崎記者クラブ、神奈川建設記者会同時発表)

1 国土交通省と神奈川県では、「水防災意識社会 再構築ビジョン」に基づき、関係機関と連携してハード・ソフト一体となった減災の取組を進めているところです。

  このたび、減災の取組の一環として、市町村長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、鶴見川水系鶴見川、矢上川、有馬川、早淵川、鳥山川、砂田川、大熊川、恩田川、梅田川及び麻生川が氾濫した場合に浸水が想定される区域、予想される水深及び浸水継続時間を示した「洪水浸水想定区域」を水防法第14条の第1項及び同条第3項の規定に基づき指定・公表し、関係市へ通知します。

  併せて、一定の条件下において家屋の倒壊・流出をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域として、「家屋倒壊等氾濫想定区域」を公表いたします。

  ◇公表資料

   「別紙」のとおり                                【資料1から70】

2 洪水浸水想定区域(想定最大規模)に含まれる自治体の数等        【資料71】

3 上記の公表資料は、指定閲覧場所もしくはインターネットでも閲覧できます。【資料72】

  ・本文資料

  ・資料1から5   鶴見川水系鶴見川洪水浸水想定区域図      ・資料6から10 鶴見川水系矢上川洪水浸水想定区域図

  ・資料11から15  鶴見川水系早淵川洪水浸水想定区域図      ・資料16から20  鶴見川水系鳥山川洪水浸水想定区域図

  ・資料21から25  鶴見川水系鶴見川洪水浸水想定区域図      ・資料26から30  鶴見川水系矢上川洪水浸水想定区域図

  ・資料31から35  鶴見川水系有馬川洪水浸水想定区域図      ・資料36から40  鶴見川水系早淵川洪水浸水想定区域図

  ・資料41から45  鶴見川水系鳥山川洪水浸水想定区域図      ・資料46から50  鶴見川水系砂田川洪水浸水想定区域図

  ・資料51から55  鶴見川水系大熊川洪水浸水想定区域図      ・資料56から60  鶴見川水系恩田川洪水浸水想定区域図

  ・資料61から65  鶴見川水系梅田川洪水浸水想定区域図      ・資料66から70  鶴見川水系麻生川洪水浸水想定区域図

  ・資料71

  ・資料72

(問い合わせ先)

【国土交通省が指定・公表する河川について(資料1から20、71)】

 国土交通省 関東地方整備局  京浜河川事務所 

  副 所 長   竹本   

  流域調整課長  田原    電話045-503-4000

【神奈川県が指定・公表する河川について(資料21から71)】

 神奈川県 県土整備局 河川下水道部 河川課

  課   長   横溝    電話045-210-6470

  調査グループ  伊藤    電話045-210-6479

【洪水浸水想定区域の全般について】

 国土交通省 関東地方整備局 河川部 

  水災害予報センター長  石鉢  

  水災害対策専門官    武藤    電話048-601-3151

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 河川下水道部 河川課 です。