東京2020オリンピック競技大会におけるセーリング競技の成功に向けて県と一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会神奈川県支部が覚書を締結!

掲載日:2016年6月28日
平成28年6月28日
記者発表資料

 神奈川県と一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会神奈川県支部は、東京2020オリンピック競技大会におけるセーリング競技の成功に向けて、本日、覚書を締結しましたのでお知らせします。

1 目的

  東京2020オリンピック競技大会におけるセーリング競技を成功させるとともに、大会を通じて神奈川の海を活性化させるため、連携し、協力して取組みを進める。

2 締結先

  一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会神奈川県支部

 支部長 熊澤 喜一郎 氏

 ※ 一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会は、マリーナ事業やビーチ事業の健全な発展を図ることにより、健全な海洋性レクリエーションを振興するため、マリーナ及びビーチの「啓発普及」「調査研究」「審査・認定・斡旋」「安全対策」を実施している団体です。

 ※ 県内では、16のマリーナが加盟しています。

3 主な連携・協力事項

・  湘南港に保管されている艇の移動に関すること

・  東京2020オリンピック競技大会におけるセーリング競技の普及啓発に関すること

・ ヨットの振興による沿岸地域の活性化に関すること 等

【参考資料】 覚書 [Wordファイル/34KB]

(問合せ先)
神奈川県スポーツ局オリンピック・パラリンピック課
  • セーリング競技担当課長
  • 三枝
  • 電話 045-285-0785
  • セーリング競技グループ
  • 松井 
  • 電話 045-285-0788
神奈川県

このページの所管所属は スポーツ局 オリンピック・パラリンピック課 です。