神奈川県内の水源は、現在のところ水不足の心配はありません!

掲載日:2016年6月16日
平成28年6月16日
記者発表資料

神奈川県内の水源は、現在のところ水不足の心配はありません!
~ 神奈川県内では、通常どおり水道をお使いいただけます。 ~

神奈川県を除く関東の1都5県では、利根川水系8ダムの貯水量の減少により、6月16日から10%の取水制限を行っています。
 神奈川県内の主な水源であるダム貯水池(相模湖・津久井湖・丹沢湖・宮ヶ瀬湖)の貯水率は、6月16日現在 94%で、ほぼ満杯となっています。
 現在のところ夏場の必要な水量は十分に確保されており、県内での水不足の心配はありません。
 なお、水は限りある資源です、大切に使いましょう。

県内のダム貯水池の状況について(平成28年6月16日0時現在の速報値)

ダム貯水池の合計貯水量は、2億5,022万8千m(貯水率94%)
 なお、貯水量・貯水率については、神奈川県企業庁のウェブサイト(かながわの水がめ)でご確認いただけます。(※前日の情報になります。)
  (http://kanagawa-dam.jp/web_data/news_mizugame.html

貯水率

(問い合わせ先)
  • 神奈川県企業庁企業局利水電気部利水課
  • 課長 影山
  • 電話 045-210-7230 (直通)
神奈川県

このページの所管所属は 企業局 利水電気部 利水課 です。