平成27年度の県内の配偶者暴力相談支援センターにおけるDV相談等の件数について

掲載日:2016年5月31日
平成28年5月31日
記者発表資料

 神奈川県内では、現在、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市が、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)に基づく配偶者暴力相談支援センターを設置し、DV相談等をお受けしています(川崎市については平成28年5月よりスタート)。
 平成27年4月から平成28年3月までの1年間に、これらの機関で受け付けたDV相談等の件数をとりまとめたので、お知らせします。
 なお、神奈川県配偶者暴力相談支援センターにおけるDV相談は、日本語のほか、英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、タイ語の多言語で行っています。

1 相談件数(自治体別)

 県内の配偶者暴力相談支援センターで受け付けたDV相談件数は7,607件となっており、そのうち被害者本人からの相談は5,494件で、暴力の種類別(重複あり)でみると、言葉などによる精神的暴力が4,758件、殴るなどの身体的暴力が3,156件、生活費を渡さないなどの経済的暴力が1,484件などとなっています(資料1参照)。また、多言語による相談は951件でした。

相談件数(自治体別)                                     (件)
神奈川県(うち多言語) 横浜市
(H23.9開設)
相模原市
(H24.10開設)
23年度5,725782※1  7796,504
24年度5,9297521,714※2  977,740
25年度5,6091,1021,8311777,617
26年度5,2558661,8782087,341
27年度5,4169511,9362557,607

※1 平成23年 9月~平成24年3月までの実績
※2 平成24年10月~平成25年3月までの実績

2 一時保護件数

 加害者による更なる暴力や追及の可能性が高い場合には、DV防止法に基づき、神奈川県が一時保護を行っています。
 保護件数は 206件で、このうち約7割が子どもを同伴していました。

一時保護件数                (件)
単身母子
23年度72170242
24年度103162265
25年度92161253
26年度84142226
27年度65141206

3 相談窓口

 神奈川県内の配偶者暴力相談支援センターの相談窓口は、別添のとおりです。(資料2参照)
 一人で悩まず、まずご相談ください。

資料1 平成27年度DV相談等件数の内訳 [PDFファイル/169KB]

資料2 神奈川県内の配偶者暴力相談支援センターの相談窓口 [PDFファイル/101KB]

(問合せ先)
神奈川県県民局くらし県民部人権男女共同参画課

  • 副課長 加藤岡
  • 電話 045-210-3631
  • 男女共同参画グループ 大塚
  • 電話 045-210-3640

横浜市こども青少年局こども家庭課

  • 児童虐待・DV対策担当課長 田中
  • 電話 045-671-4208

相模原市市民局人権・男女共同参画課

  • 課長 石井
  • 担当課長 増島
  • 主任 山本
  • 電話 042-769-8205

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 人権男女共同参画課 です。