平成28年9月1日付け(全日制の課程・定時制の課程)及び10月1日付け(通信制の課程)公立高等学校転入学・編入学者の選抜の実施について

掲載日:2016年6月30日
平成28年6月30日
記者発表資料

  県内公立高等学校では、県外などからの一家転住や海外帰国生徒等のための転入学・編入学者の選抜を実施しておりますが、平成28年9月1日付け受け入れ(全日制の課程・定時制の課程)及び10月1日付け受け入れ(通信制の課程)の転入学・編入学者の選抜を実施いたしますので、お知らせします。

 

【全日制の課程】

1 対象者

 (1) 転入学対象者

    ア 県外からの転入学

     保護者(親権者又は未成年後見人をいう。以下同じ。)の転勤等により、県外から県内へ転居

    する等生活条件が変わり、現に在籍している高等学校への通学が不可能又は著しく困難になると

    認められる者

   イ 県内における転居を伴う転入学

     県内に在住する高等学校の在籍者で、保護者の転勤等に伴う転居により、上記アに準ずる程度

    に通学が困難になると認められる者

   ウ 転居を伴わない転入学

    (ア) 教育的配慮を必要とする特別の事情を有する場合

          県内に在住する高等学校(県内外、公私立を問わない。)の在籍者で、教育的配慮を必要とする

      特別の事情により、現に在籍している高等学校における学業の継続が著しく困難と認められる者

    (イ) 積極的な理由に基づく進路変更を希望する場合

       県内に在住する高等学校(県内公立高等学校に限る。)の在籍者で、積極的な理由に基づく進

      路変更を希望する者

 (2) 編入学対象者

○ 海外帰国生徒

  次の(ア)と(イ)の条件を満たす者

  (ア) 海外において、日本の高等学校に相当する学校に在籍している者又は学校教育における9年の

    課程を平成28年4月1日以降に修了した者

  (イ) 海外から保護者の転勤等に伴い県内へ転居する者

 (注) (1)及び(2)の対象者のうち、海外帰国生徒特別募集及び在県外国人等特別募集を行う高等

   学校の特別募集枠に志願する場合は、それぞれの特別募集の志願資格を満たしている者

2  受付締切日      平成28年8月15日(月曜日)(県立のみ、市立は、別紙参照)

3 受付場所       各志願先高等学校

4  学力検査等実施日   平成28年8月16日(火曜日)(県立のみ、市立は、別紙参照)

5  学力検査等実施会場  各志願先高等学校

6  選抜実施校      県立138校(139校中)、市立13校(14校中)

 (1) 募集区分Aの対象者

    保護者の転居に伴う県外からの転入者や県内在住で教育的配慮を必要とする特別の事情を有する者等及び編入学者

 (2) 募集区分Bの対象者

    県内に在住する高等学校(県内公立高等学校に限る。)の在籍者で、積極的な理由に基づく進路

   変更を希望する者(9月1日付けでは第1学年に設定)

 

〈県立高校〉

【単位制以外】

第1学年

第2学年

第3学年

実施校数

募集区分A

募集区分B

募集区分A

募集区分A

普通科(単位制を除く)

93校

96校

93校

93校

 96校中  96校

専門学科(単位制を除く)

17校

20校

20校

20校

 20校中  20校

海外帰国生徒特別募集

 2校

 2校

 2校

  2校中   2校

在県外国人等特別募集

 1校

 3校

 1校

  3校中   3校

【単位制】

募集区分A

募集区分B

実施校数

単位制普通科

10校

10校

 11校中  10校

総合学科

11校

11校

 11校中  11校

単位制専門学科

 9校

 9校

  9校中   9校

海外帰国生徒特別募集(単位制)

 2校

  3校中   2校

在県外国人等特別募集(単位制)

 3校

  5校中   3校

 

(注1) 普通科(単位制を除く)の実施校数の中に含まれる学校

    ・ 学科を1校と数えるため、再掲される複数学科設置校1校

      普通科・福祉科併置校1校(県立津久井高等学校)

(注2) 専門学科(単位制を除く)の実施校数の中に含まれる学校

    ・ 学科を1校と数えるため、再掲される複数学科設置校3校

      工業科・商業科併置校1校(県立商工高等学校)、農業科・商業科併置校1校(県立相原高等学校)及

     び看護科・福祉科併置校1校(県立二俣川看護福祉高等学校)

(注3) 単位制専門学科の実施校数の中に含まれる学校

    ・ 学科を1校と数えるため、再掲される複数学科設置校2校

      福祉科・国際関係科併置校1校(県立横須賀明光高等学校)及び理数科・国際関係科・芸術科・スポーツ

     科併置校1校(県立弥栄高等学校)

(注4) 実施校数の中には、特別募集実施校を含む。

〈市立高校〉

【単位制以外】

第1学年

第2学年

第3学年

実施校数

募集区分A

募集区分B

募集区分A

募集区分A

普通科(単位制を除く)

5校

6校

6校

6校

 6校中  6校

専門学科(単位制を除く)

1校

9校

9校

9校

 9校中  9校

在県外国人等特別募集

0校

0校

0校

 1校中  0校

 
【単位制】

募集区分A

募集区分B

実施校数

単位制普通科

2校

2校

 2校中  2校

総合学科

1校

1校

 2校中  1校

単位制専門学科

1校

1校

 1校中  1校

海外帰国生徒特別募集(単位制)

1校

 1校中  1校

(注1) 普通科(単位制を除く)の実施校数の中に含まれる学校

    ・ 学科を1校と数えるため、再掲される複数学科設置校2校

      普通科・家庭科・福祉科併置校1校(川崎市立川崎高等学校)及び普通科・体育科・国際

     科併置校1校(川崎市立橘高等学校)

(注2) 専門学科(単位制を除く)の実施校数の中に含まれる学校

    ・ 学科を1校と数えるため、再掲される複数学科設置校2校

      工業科・理数科併置校1校(川崎市立川崎総合科学高等学校)及び商業科・国際科併置校1

     校(横浜市立横浜商業高等学校)

(注3) 実施校数の中には特別募集実施校を含む。

 

7  募集人員       各実施校の募集人員は、各高等学校により異なる。

8  選抜のための検査

(1) 前記1の(1)(ウの(イ)を除く)及び(2)の対象者(一家転住及び特別事情等)

    学力検査を行わず、各高等学校が定める学力検査以外の検査により実施する。

  ア 普通科、専門学科、総合学科

    面接(一部の学校では学科等により、これに各高等学校が定める検査を組み合わせて実施)

  イ 海外帰国生徒特別募集

    面接及び作文

  ウ 在県外国人等特別募集

    面接(一部の学校では作文を組み合わせて実施)

 (注) 横浜市立の高等学校、川崎市立の高等学校及び横須賀市立の高等学校については、

   学力検査を行う場合がありますので、詳しくは各市立高等学校又は各市教育委員会にお問い合わせください。

(2) 前記1の(1)のウの(イ)の対象者(積極的な理由に基づく進路変更(県内公立高等学校在籍者に限る。))

  ア 普通科                                                          

    国語・数学・外国語(英語)の3教科の学力検査(一部の学校ではこれに各高等学校が定める検査を組み合わせて実施)

   イ 専門学科

           国語・数学・理科・外国語(英語)及び専門教科のうち各高等学校が定めた教科の学力検査及び各高等学校が

    定める検査

   ウ 総合学科

    国語・数学・外国語(英語)の3教科の学力検査及び面接

  

 

【定時制の課程】

 

1 対象者

 (1) 転入学対象者

  本人の住所又は勤務先が県内にある者で、次のいずれかの条件を満たす者とする。

  ア 本人の転居又は勤務先の異動等の生活条件の変動により、現に在籍している高等学校への通学が

   不可能又は著しく困難になる者

  イ 高等学校の在籍者で、特別の事情があると在籍校及び転入先の高等学校長が認めた者

  ウ 高等学校(県内公立高等学校に限る。)の在籍者で、積極的な理由に基づく進路変更を希望する者

(注) 上記ア、イに該当する者であって、在県外国人等特別募集を行う高等学校の特別募集枠に志願する

  場合は、在県外国人等特別募集の志願資格を満たしている者

 (2) 編入学対象者

  ○ 海外帰国生徒

   次の(ア)と(イ)の条件を満たす者

   (ア)  海外において、日本の高等学校に相当する学校に在籍している者又は学校教育における9年の課程

     を平成28年4月1日以降に修了した者

   (イ)  海外から保護者の転勤等に伴い県内へ転居する者 

2 受付締切日      学力検査等期日前日(各校で異なります) 

3 受付場所       各志願先高等学校

4  学力検査等実施日   平成28年8月16日(火曜日)から8月31日(水曜日)までの間で学校長が定める日とする。 

5  学力検査等実施会場  各志願先高等学校

6  選抜実施校      県立21校(21校中)、市立8校(8校中)

 (1) 募集区分Aの対象者

    本人の転居又は勤務先の異動等の生活条件の変動により、現に在籍している高等学校への通学が

   不可能又は著しく困難になる者又は高等学校の在籍者で、特別の事情があると在籍校及び転入先の高

   等学校長が認めた者及び編入学者

 (2) 募集区分Bの対象者

    高等学校(県内公立高等学校に限る。)の在籍者で、積極的な理由に基づく進路変更を希望する者(9月1日付け

   では第1学年に設定)

〈県立高校〉

【単位制以外】

第1学年

第2学年

第3学年

第4学年

実施校数

募集区分A

募集区分B

募集区分A

募集区分A

募集区分A

普通科(単位制を除く)

7校

7校

7校

7校

7校

 7校中  7校

専門学科

3校

2校

3校

3校

2校

 3校中  3校

【単位制】

募集区分A

募集区分B

実施校数

単位制普通科

5校

5校

 6校中  5校

総合学科

5校

5校

 5校中  5校

在県外国人等特別募集(単位制)

1校

 1校中  1校

〈市立高校〉

【単位制以外】

第1学年

第2学年

第3学年

第4学年

実施校数

募集区分A

募集区分B

募集区分A

募集区分A

募集区分A

普通科(単位制を除く)

4校

4校

4校

4校

5校

 5校中 5校

専門学科

2校

2校

2校

2校

2校

 2校中 2校

【単位制】 

募集区分A

募集区分B

実施校数

総合学科

2校

1校

 2校中  2校

(注) 普通科の実施校数に含まれる学校

    ・ 学科を1校と数えるため、再掲される複数学科設置校1校

      普通科・商業科併置校1校(川崎市立商業高等学校)

7  募集人員       各実施校の募集人員は、各高等学校により異なる。

8  選抜のための検査

  (1) 前記1の(1)のア、イ及び(2)の対象者(一家転住及び特別事情等)

   学力検査を行わず、各高等学校が定める学力検査以外の検査により実施する。

    ア 普通科、専門学科、総合学科

   面接(一部の学校では、これに作文を組み合わせて実施)

    イ 在県外国人等特別募集

   面接

 (注) 横浜市立の高等学校、川崎市立の高等学校及び横須賀市立の高等学校については、

   学力検査を行う場合がありますので、詳しくは各市立高等学校又は各市教育委員会にお問い合わせください。

 (2) 前記1の(1)のウの対象者(積極的な理由に基づく進路変更(県内公立高等学校在籍者に限る。))

   国語・数学・外国語(英語)の3教科の学力検査(一部の学校では、これに面接又は作文を組み合わせて実施)

【通信制の課程】

1 対象者

 (1) 転入学対象者

    本人の住所又は勤務先が県内にある者で、次のいずれかの条件を満たす者とする。

  ア 本人の転居又は勤務先の異動等の生活条件の変動により、現に在籍している高等学校への通学

   が不可能又は著しく困難になる者

  イ 高等学校の在籍者で、特別の事情があると在籍校及び転入先の高等学校長が認めた者

  ウ 高等学校(県内公立高等学校に限る。)の在籍者で、積極的な理由に基づく進路変更を希望する者

 (2) 編入学対象者

  ア 海外帰国生徒

 次の(ア)と(イ)の条件を満たす者

 (ア) 海外において、日本の高等学校に相当する学校に在籍している者又は学校教育における9年の課程を

   平成28年4月1日以降に修了した者

 (イ) 海外から保護者の転勤等に伴い県内へ転居する者 

  イ 再入学

    (ア) 高等学校の中途退学者で、次のaからcの条件を全て満たす者

      a 本人の住所又は勤務先が県内にある者

      b 高等学校を中途退学した後、退学の理由が消滅したと認められる者

      c 高等学校において学業を再び続けようとする目的意識が明確であると認められる者

    (イ) 外国における高等学校に相当する課程に1年以上在籍した中途退学者で、本人の住所又は勤務先が県内にある者

  ウ その他の編入学(1年次相当の途中への編入学)

     次の(ア) から(ウ)の条件を全て満たす者  

    (ア) 本人の住所又は勤務先が県内にある者

    (イ) 相当年齢に達し、相当の学力があると認められる者

    (ウ) 高等学校において学業を続けようとする目的意識が明確であると認められる者

2 受付締切日      学力検査等期日の前々日(各校で異なります)

3 受付場所       各志願先高等学校

4  学力検査等実施日 

 (1) 募集区分A、B

    平成28年9月16日(金曜日)から9月30日(金曜日)までの間で学校長が定める日とする。

 (2) 募集区分C    

    平成28年8月16日(火曜日)から8月31日(水曜日)までの間で学校長が定める日とする。 

5  学力検査等実施会場  各志願先高等学校

6  選抜実施校      県立2校(2校中)

 (1) 募集区分Aの対象者

    本人の転居又は勤務先の異動等の生活条件の変動により、現に在籍している高等学校への通学が

   不可能又は著しく困難になる者又は高等学校の在籍者で、特別の事情があると在籍校及び転入先の高

   等学校長が認めた者及び海外帰国生徒編入学者

 (2) 募集区分Bの対象者

    高等学校(県内公立高等学校に限る。)の在籍者で、積極的な理由に基づく進路変更を希望する者

  (10月1日付けでは、1年次相当に設定)

 (3) 募集区分Cの対象者

    再入学及びその他の編入学者

〈県立高校〉

【単位制】

募集区分A

募集区分B

募集区分C

実施校数

単位制普通科

2校

2校

2校

 2校中 2校

7  募集人員       各実施校の募集人員は、各高等学校により異なる。

8  選抜のための検査   面接又は作文

《問い合わせ先【全日制・定時制・通信制共通】》

   募集人員、通学区域(横浜及び川崎の各市立高等学校の学区)、学力検査実施教科、合格者の発表期日、

  必要書類等の詳細については、平成28年7月1日(金曜日)以降に次のところへ問い合わせてください。

*  神奈川県教育委員会教育局(転編入学情報センター) (045)210-8235(直通)

* 平成28年9月1日付け県立神奈川総合高等学校の転編入の募集はありませんが、平成28年度入学者選抜後期募集

 として、海外帰国生徒特別募集及び中途退学者募集を行います。

 つきましては、平成28年度志願のてびきを参照するか、当該校、前掲の転編入学情報センター、または、以下に問い合わ

せてください。

別紙1  学校別募集枠―県立高校 [PDFファイル/45KB]

別紙2  学校別募集枠―市立高校 [PDFファイル/9KB]

(問い合わせ先)
 神奈川県教育委員会教育局指導部高校教育課
 副課長  竹鼻

 電話 (045)210-8242(直通)

 入学者選抜・定員グループ   及川

 電話(045)210-8084(直通)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 指導部 高校教育課 です。