エネルギーの地産地消を推進します!地域電力供給システムのビジネスモデルの公募のお知らせ

掲載日:2016年5月24日
平成28年5月24日
記者発表資料

1 事業の目的

 本県では「かながわスマートエネルギー計画」に基づき、太陽光発電設備など分散型電源の導入に取り組んでいます。

 今年4月から電力小売全面自由化が開始された中で、今後、エネルギーの地産地消をさらに進めるためには、県内の再生可能エネルギーによって作られた電力を一般のご家庭に供給する小売電気事業者の取組を促進し、分散型電源で作られた電源を地域で使う仕組みの構築を進める必要があります。

 そこで、小売電気事業者が行う、県内の太陽光発電等の分散型電源から電力を調達し、県内のご家庭や事業所に電力を供給する新たな地域電力供給システムの構築を支援するため、そのビジネスモデルを公募することとしたので、お知らせします。

 

2 事業の概要

【地域電力供給システムとは】

小売電気事業者が、地域の太陽光発電設備などの分散型電源を確保し、情報通信技術(ICT)や蓄電池等を活用して電力需要を効果的に管理(需給制御)しながら、既存の送電網を使用して、地域のご家庭や事業所などに電力を供給するシステムをいう。

                      イメージ図

3 応募者の要件

 小売電気事業者又は小売電気事業者を含む複数事業者

4 補助金の概要

 (1) 補助金交付の対象となる事業の範囲

  地域電力供給システムを整備するために行う次の事業

   ・県内において再生可能エネルギーなどの分散型電源を新たに確保する事業

   ・県内における電力の供給先として、ご家庭、事業所等を新たに確保する事業

   ・電力の需給バランスを図るためにシステムを構築する事業

 (2) 補助率等

  補助対象経費の1/3(補助限度額1,000万円)

 5 選考基準等

 書類審査等の後、有識者等で構成する選考委員会を開催し、以下の選考基準に基づき評価項目ごとに評価して、合計点が高い順に予算額の範囲内で事業計画を選考します。

評価項目

内容

代表事業者の経営状況

代表事業者の経営状況は安定しているか

事業の実施体制

本事業を効果的に実施できる体制がとられているか

事業の実施スケジュール

本事業を着実に実施できるスケジュールが設定されているか

補助対象機器の設置工事等を行う事業者について

県内に本社又は支店等の事業所を有する中小企業が行うこととしているか

県内の再生可能エネルギー等の電力確保

調達予定の電力のうちの多くを県内の再生可能エネルギーなどの分散型電源から調達しているか

県内の電力需要家の確保

需要家を県内で多数確保しているか

補助事業に必要な補助金の見込み額と期待される事業効果

補助事業に必要な経費の見込み額によって期待される事業の効果は費用対効果の観点から優れているか

理念や事業内容、将来的な展開等を含めた本事業全体の総合評価

将来的な発展性、継続性、モデル事業として期待される波及効果など、本事業に関する総合的な評価は優れているか

 6 公募・選考スケジュール

 (1) 事業計画書の提出

  平成28年5月24日(火曜日)から7月22日(金曜日)17時まで

   ※ 公募要領は、「地域電力供給システム整備事業について」のHPからダウンロードできます。

    URL:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f533002/p941452.html

 (2) 選考結果公表(予定)

  平成28年8月下旬頃

(問合せ先)
神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
  • 課長
  • 天野
  • 電話 045-210-4101
  • 太陽光発電グループ
  • 川口
  • 電話 045-210-4090
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。