介護支援ロボットにより、介護職員の負担が軽減。離職防止にも貢献!

掲載日:2016年4月26日
平成28年4月26日
記者発表資料

 神奈川県では、超高齢社会の課題を解決するため、ヘルスケア分野や介護分野での最先端ロボットの社会実装に向けて、実証試験、普及啓発やモデル事業等を実施しています。

 こうした取組みの一つとして、平成27年度、介護現場に最先端ロボット技術を導入し、職員の負担や将来の腰痛リスクを軽減することで職場の定着率の向上などを目指す「職場処遇改善コンサルティング支援事業」(*)を実施しました。

 その結果、負担軽減の効果があったとする介護職員の評価は8割を超え、また、事業実施した約8割の施設で離職率の低減につながるなど、効果が確認できましたので、お知らせします。

 *職場処遇改善コンサルティング支援事業

   特別養護老人ホームや有料老人ホーム30施設を対象に、介護職員の身体的負担を軽減するロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)100台を試験導入した事業(詳細は下記【参考】のとおり)

【介護現場の労務環境の改善】

○介護職員の8割以上が、疲労感が減少したと評価(アンケート調査結果は下記【参考】のとおり)

○約8割に当たる23施設で、前年度と比較して、離職率が低減

   ※23施設の平均離職率は4.6ポイント低減

   (26年度の平均離職率10.96%が、27年度は6.35%に改善)

(介護現場のニーズを踏まえた製品改良)

 今回試験導入したロボットである、ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)の開発会社は、

導入施設におけるニーズを把握し、次のような製品改良につなげました。

 ○職員が、お風呂場での入浴介助でも使用できるように、防水機能を付加した

 ○装着ベルト(電極内蔵)を新たに開発し、汗などにも対応可能なように改良した など

 今後は、本事業の成果を活かして、平成27年度厚生労働省補正予算(介護ロボット等導入支援特別事業)なども活用しながら、介護施設等の職員をサポートするロボットの介護現場への本格導入の促進を図ります。


【参考】平成27年度ロボット等を活用した                         職場処遇改善コンサルティング支援事業の概要

 (事業内容)

 国の緊急雇用創出事業臨時特例交付金を活用した地域人づくり事業のひとつとして、介護事業所へのコンサルティングを基に、ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)の活用を中心とした職場改善プログラムを実施し、腰への負担軽減や腰痛防止を通じた離職率の低減(定着率の向上)による職場の処遇改善を図り、併せて、介護支援ロボットの普及を目指す。

○施設数 県内の介護施設 30ヶ所(平成27年6月から順次実施)

○ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)導入台数

 100台(施設への導入90台(各3台)、研修用等10台)

○予算 約119,000千円

○受託事業者  湘南ロボケアセンター株式会社(藤沢市辻堂神台2-2-1 アイクロス4階)

○導入発表イベント

 日時   平成27年6月12日(金曜日) 14:20から14:50

 場所   特別養護老人ホーム 芙蓉苑(横浜市港南区下永谷4-21-10、電話(045)822-5911)

 出席者  神奈川県知事 黒岩 祐治

      湘南ロボケアセンター株式会社 代表取締役社長 久野 孝稔(本事業の受託会社)

              社会福祉法人 同塵会(特別養護老人ホーム芙蓉苑)理事長 松井 住仁

     ロボットスーツの活用      

 <ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)>

  ・介護を行う職員等が使用。

  ・使用者が体を動かすときに、脳から筋肉へ送られる信号(生体電位信号)を感知し、

   腰の動きをサポートすることで、介護を楽に行える。

 

 

 

○介護職員へのアンケート調査結果(抜粋)

    アンケート実施期間 平成27年10月 ~ 平成28年1月

    対象業務 離床、臥床、排泄介助、夜巡回等

    疲労度評価 

       ・ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)の導入前と比較した業務後の腰部疲労度

腰部疲労度

回答比率

疲労感1

かなり疲労が減った。

4%

疲労感2

疲労が減った。

39%

疲労感3

少し疲労が減った。

39%

疲労感4

変わらない。もしくは、

やや疲労が増えた。

13%

疲労感5

疲労が増えた。

4%

  ※疲労感が減少したとする評価は82%

(問い合わせ先)

神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室

 ライフイノベーション担当課長   

           足立原  電話(045)285-0038
 最先端医療産業グループ 

           前 田  電話(045)285-0187

神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。