熊本県熊本地方を震源とする地震被災地に「神奈川DMAT」を派遣します! -「かながわDPAT」に続き派遣-

掲載日:2016年4月18日
平成28年4月17日
記者発表資料

 平成28年4月14日(木曜日)から断続的に発生している熊本県熊本地方を震源とする地震の被災地支援に関して、4月17日(日曜日)に厚生労働省から要請があったことから、県は、神奈川県災害派遣医療チーム(神奈川DMAT)を派遣します。

1 派遣する医療機関

   川崎市立川崎病院、北里大学病院、済生会横浜市東部病院、聖マリアンナ医科大学病院、東海大学医学部付属病院、

   日本医科大学武蔵小杉病院、藤沢市民病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、横浜南共済病院、横浜労災病院 

   (50音順)各1チーム、計10チーム

2 チームの構成

   医師、看護師、業務調整員からなる計4から5名

3 派遣期間

   ・本県出発  4月18日(月曜日)

   ・現地活動  4月19日(火曜日)から4月20日(水曜日)(2日間)

   ・本県帰県  4月21日(木曜日)

4 活動内容

   被災地域における医療情報収集、トリアージ(※)、応急治療、被災者搬送等

   ※  傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めること

5 派遣地域

   熊本県内

6 今後の対応

   今回の派遣後、引き続き現地の要請により、順次対応してまいります。

 

【資料】神奈川DMATの概要

  ○ 神奈川DMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは

     大地震及び航空機・列車事故等の災害時に被災者の生命を守るため、被災地に迅速に駆けつけ、

   救急治療を行うための専門的な訓練を受けた医療チームで、神奈川県から指定を受けたチームをいう。 

(問い合わせ先)
  • 保健福祉局保健医療部 健康危機管理課
  • 課長   大久保 電話045-210-4790
  • 副課長 三澤  電話045-210-4943
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 健康危機管理課 です。