神奈川県立保健福祉大学と神奈川県住宅供給公社は協定を締結します-いつまでも健康に! 『健康寿命の延伸』を目指す取組みを推進します-

掲載日:2016年4月13日
平成28年4月13日
記者発表資料
(県政・横須賀市政記者クラブ同時発表)

 現在神奈川県の65歳以上の人口は212万人、高齢化率は23.4%となり、健康寿命の延伸など超高齢社会への取組みが重要な課題となっています。

 神奈川県住宅供給公社が経営する団地においても、超高齢化が進行し、65歳以上の世帯主がいる割合は約50%を占める状況にあります。

 そこで神奈川県立保健福祉大学と神奈川県住宅供給公社は、居住者がいつまでも健康で健やかな生活を送れるよう、「食事・栄養・体力づくり」の分野を中心にサポートを推進するため、連携協定を締結します。

1 協定書調印式 

(1) 日  時:平成28年4月15日(金曜) 10時から10時30分(開場:9時30分)

(2) 場  所:神奈川県立保健福祉大学 大会議室(神奈川県横須賀市平成町1-10-1)

(3) 締結団体:神奈川県立保健福祉大学(学長 中村丁次)

       神奈川県住宅供給公社(理事長 猪股篤雄)

2 今後連携して取り組む主な内容

 ○ 公社経営の施設・団地において栄養調査研究の実施及び健康教育プログラムの開発

 ○ 公社経営の施設・団地において健康的な食事メニューの共同企画・提供、「食」を通じた介護予防・食育セミナーの実施

 ○ 保健福祉大学学生の入居による新たなコミュニティ形成・強化に有益な諸活動

3 取材について

 4月15日(金曜) 9時50分までに直接、保健福祉大学大会議室までお越しください。

 また、調印式会場にお越しいただけない報道機関の方には、調印式の写真を提供いたしますので、4月15日(金曜) 18時までにお申し込みください。(企画課 ファクシミリ:046-828-2501)

 なお、会場にて電源の供給のご用意はございませんので、あらかじめご了承ください。

4 その他

 4月19日(火曜)に公社が経営するケア付高齢者住宅「ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園」にて、両者のコラボレーションによる健康春メニューの昼食会を開催します。取材を希望される場合は4月18日(月曜)正午までに神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 企画管理課へご連絡ください。

(問合せ先)

連携協定に関すること
神奈川県立保健福祉大学 企画課

  • 課長 岩崎 企画課 斉藤
  • 電話 046-828-2516 ・2530 (直通)
  • FAX  046-828-2501

住宅に関すること
神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 企画管理課

  • 課長 一ツ谷 企画管理課 添田
  • 電話 046-651-1885(直通)
  • 電話 046-651-1831(代表)
  • FAX  046-671-9112
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉大学 です。