生活支援ロボットへのデザイン企画提案を募集!

掲載日:2016年4月15日
平成28年4月15日
記者発表資料
(県政・横浜経済・厚木・大和・相模原記者クラブ同時発表)

さがみロボット産業特区

 本県では、「さがみロボット産業特区」において、生活支援ロボットの開発・普及を支援しています。

 その一環として、生活支援ロボットの開発企業とデザインの専門家をマッチングすることにより、ユーザー視点に立った商品開発の実現及び開発期間の短縮を図る事業を実施しています。

 このたび、デザイン支援を希望するロボットのテーマ(ロボットデザインテーマ)候補として、5件の申請がありましたので、このテーマに対するデザイン企画提案(デザインプロポーザル)を募集します

 応募いただいた全デザイン企画提案の中から、最も優秀な1件を採択し、当該企画提案に基づき支援を実施します。

【ロボットデザインテーマ】 

テーマ名

開発企業

レーダーライトによる高齢者等の見守りシステムのGUI開発

株式会社CQ-Sネット

介護施設向け集中管理型見守りシステムのシステムデザイン開発

bio sync株式会社

移乗支援を可能とする自在座面を備えた車いすのデザイン開発

ヨコキ株式会社

高齢者のQOL向上を目的としたIoT見守りシステムのデザイン開発株式会社リキッド・デザイン・システムズ
高齢者用電動ショッピングカートのデザイン開発株式会社リベカ

※詳細は別添「平成28年度 ロボットデザインテーマ一覧(概要版) [PDFファイル/592KB]」のとおり

【募集の概要】

(1) 募 集 対 象:ロボットデザインテーマに対するデザイン企画提案

(2) 委託費:200万円以内

(3) 採択件数:1件

(4) 説明・質疑会:  各テーマについて、開発企業による説明及び質疑応答の場を設けます。

                      企画提案を検討されるデザイン事業者は、できるだけご参加ください。

                      なお、参加の際は、守秘義務誓約書を提出していただきます。

                      日時:平成28年4月28日(木曜日)午後1時30分から

                      会場:産業技術センター(海老名市下今泉705-1)

(5) 募 集 期 間:平成28年4月28日(木曜日)から5月24日(火曜日)

(6) 募集後の流れ:

・応募いただいたデザイン企画提案については、外部有識者による審査会で1件のデザイン企画(業務委託候補者1社)を選定します。

  ・次に、選定した業務委託候補者と開発企業、県とが協議により委託業務内容を決定し、契約を締結します。

(7) その他:複数のロボットデザインテーマ候補に対し、企画提案が可能です。

全体スケジュール

【応募資格】

商品開発に係るデザインプロセス(商品戦略、商品企画、デザイニング、試作・製造監修など)を統括できる法人(中小企業に限る)または個人で、委託業務を効果的かつ効率的に実施できる者

 

【支援候補ロボットデザインテーマの詳細内容】

次のホームページからダウンロードできます。

⇒【平成28年度 ロボットデザインテーマ候補一覧ホームページ】

 http://www.kanagawa-iri.jp/tech_supports/product_development/robot-design_2016/model/design_theme.html

【募集要項等】

本募集に関する詳細は、「平成28年度生活支援ロボットデザイン支援事業・商品化促進モデル事業委託業務に係るプロポーザル募集要項」をご覧ください。募集要項は次のホームページからダウンロードできます。

⇒【生活支援ロボットデザイン支援事業ホームページ】

http://www.kanagawa-iri.jp/tech_supports/product_development/robot-design_2016.html

(問い合わせ先)
神奈川県産業技術センター
  • 技術支援推進部長
  • 平林
  • 電話 046-236-1503(直通)
  • 商品開発支援室長
  • 青木
  • 電話 同上

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業技術センター です。