災害発生に備え、医療救護体制を強化しました

掲載日:2016年3月31日
平成28年3月31日
記者発表資料

災害発生に備え、医療救護体制を強化しました

 県では、災害発生時に地域における医療救護活動の拠点となる災害拠点病院を支援する災害協力病院を、新たに7病院指定しました。さらに、県内の被災地で活動するDMAT-Lを保有する病院を、新たに10病院指定することで、医療救護体制を強化しました。

1 「神奈川県災害協力病院」の指定

 「神奈川県災害協力病院」は、耐震構造や自家発電などの災害拠点病院に準じる設備・機能を有し、災害発生時には災害拠点病院と連携し、傷病者等の受け入れや治療を行います。

 現在、県では36病院を指定していますが、次の病院からの申請に基づき、平成28年3月31日付けで7病院を追加指定し、合計43病院となりました。

 

病院名称

所在地

1

医療法人社団のう救会 脳神経外科 東横浜病院

横浜市神奈川区羽沢町888

2

医療法人社団緑成会 横浜総合病院

横浜市青葉区鉄町2201-5

3

医療法人財団明理会 東戸塚記念病院

横浜市戸塚区品濃町548-7

4

医療法人横浜平成会 平成横浜病院

横浜市戸塚区戸塚町550

5

医療法人社団亮正会 総合高津中央病院

川崎市高津区溝口1-16-7

6

医療法人社団総生会 麻生総合病院

川崎市麻生区上麻生6-25-1

7

社会医療法人財団石心会 川崎幸病院

川崎市幸区大宮町31-27

   ※資料1 災害協力病院一覧を参照

 

2 「神奈川DMAT-L指定病院」の指定

 「神奈川DMAT-L指定病院」は、県内の被災地に限り医療救護活動を行うことのできる「神奈川DMAT-L」を保有する病院ですが、次の病院からの申し出により平成28年3月31日付けで10病院を追加指定し、合計28病院となりました。

 

 

病院名称

所在地

1

昭和大学藤が丘病院

横浜市青葉区藤が丘1-30

2

横浜労災病院

横浜市港北区小机町3211

3

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

横浜市旭区矢指町1197-1

4

横浜市立市民病院

横浜市保土ケ谷区岡沢町56

5

済生会横浜市南部病院

横浜市港南区港南台3-2-10

6

横浜市立大学附属病院

横浜市金沢区福浦3-9

7

平塚市民病院

平塚市南原1-19-1

8

小田原市立病院

小田原市久野46

9

海老名総合病院

海老名市河原口1320

10

川崎市立井田病院

川崎市中原区井田2-27-1

   ※資料2 DMAT及び神奈川DMAT-Lについて

   ※資料3 DMAT及びDMAT-L保有病院一覧を参照

 資料

資料1 災害協力病院一覧 [PDFファイル/71KB]

資料2 DMAT及び神奈川DMAT-Lについて [PDFファイル/29KB]

資料3 DMAT及びDMAT-L保有病院一覧 [PDFファイル/51KB]

【お問い合わせ先】

保健福祉局保健医療部健康危機管理課

課長  芝山 045-210-4790(直通)

課長代理兼グループリーダー

     松下 045-210-4634(直通)

 ファクシミリ 045-633-3770

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 健康危機管理課 です。