検定中教科書の閲覧にかかる事実関係の確認について(最終集計)

掲載日:2016年3月14日
平成28年3月14日
記者発表資料

検定中教科書の閲覧にかかる事実関係の確認について(最終集計)

 教科書会社が、検定中の教科書を教員らに見せて意見を聞いた事案について、平成28年2月19日現在の内容を
第一次集計として公表しました。
 その後、該当の市町教育委員会を通じて事実確認を行い、3月11日に文部科学省に報告した最終結果は次のとおりです。
 (太字は2/22の記者発表資料からの変更点)

○類型1 意見聴取等の対価を支払わなかった事案

  文部科学省からの調査依頼者19人 (公立17人、私立2人)

  (1)閲覧の事実
      あり12人(公立10人 私立2人)、なし6人、不明1人    
    ※ 不明は、退職してから期間が経過するなどで対象者と連絡がとれないもの

  (2)採択への影響の有無      
      なし12人公立10人 私立2人)   

○類型2 意見聴取等の対価を支払った事案

  文部科学省からの調査依頼者243人(公立239人 国立大学附属校1人 対象外3人)
    ※同一人物が、複数の会議に出席している事案があるため、人数は延べ人数
    ※対象外は、大学職員

  (1)閲覧の事実
      あり211人(公立210人 国立1人)
      なし6人、不明23人、対象外3人
     ※ 不明は、死亡又は退職してから期間が経過するなどで対象者と連絡がとれないもの

  (2)閲覧の事実がある211人の状況
    1.金品の受取等(謝礼、交通費、車代を含む)
      あり209人、なし2人 

    2.採択に関与しうる立場の有無
      教科書採択検討委員等教科書採択事務に関与しうる立場の有無
      あり25人(公立25人 国立0人)、なし186人     
      (「あり」25人のうち、金品の受取があった者25人)

    3.採択への影響の有無      
      なし211人

 ◇詳細については、別表1 [PDFファイル/144KB] 及び 別表2 [PDFファイル/201KB] を参照

 ◇当面の再発防止に向けた取組
   ・県内市町村の教育長と県教育長が連名で、教科書採択における公平性や透明性を確保するために「申し合わせ」を行い、
    県内の全教員に対して通知を発出する。

   ・教科書制度に関する基礎的事項をわかりやすく説明した、教員向けの資料を作成・配布する。

  

 
(問い合わせ先)
神奈川県教育委員会教育局支援部 子ども教育支援課

  課長 遠藤      電話  045-210-8212
  副課長 上田     電話  045-210-8211 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 子ども教育支援課 です。