観光ビッグデータの活用について

掲載日:2016年2月24日
平成28年2月24日
記者発表資料

―民間事業者と連携して、外国人観光客の動態・ニーズ分析に関するモデル事業に着手します!―

県は、外国人観光客の誘致に向けた観光プロモーションや受入環境整備を戦略的に進めていくため、観光ビッグデータの施策への活用方法を、分析ツールを持つ民間企業と協定を締結し、モデル事業として検証を実施します。

1 Wi-Fi分析モデル事業

外国人観光客がWi-Fiを利用した際の位置情報により、スポット単位の利用者数や動線が国別に分かります。

期待される効果:県内の隠れた人気観光スポット、周遊ルートの発掘等

(分析の役割分担等)

 県は、Wi-Fi、GPS等のデータをもとに、別途収集した県内のイベント情報等のデータと組み合わせ、観光客数の増減の要因を探ることで、県内の隠れた人気スポット等を、ワイヤ・アンド・ワイヤレス社と協力して分析します。

 

2 Web分析モデル事業

外国人向けWebマガジンのアクセスログにより、どの国の人がどのような記事を閲覧したかが分かります。

期待される効果:国別の興味・関心、県内の隠れた観光資源の発掘等

(分析の役割分担等)

 県は観光地情報等を提供し、MATCHA社がWebマガジンで発信することで、得られたアクセスログをもとに、外国人観光客の国別の興味・関心等を協力して分析します。

 

 

(添付資料)

資料1 協定の締結先について [PDFファイル/74KB]

資料2 公衆無線LANを活用した神奈川県における訪日外国人動向分析の連携に関する協定書 [PDFファイル/145KB]

資料3 外国人向けWebマガジンを活用した神奈川県における訪日外国人ニーズ分析の連携に関する協定書 [PDFファイル/142KB]

(問合せ先)
神奈川県産業労働局観光部国際観光課
    • 国際観光課長
    • 電話 045-210-4015(ダイヤルイン)
    • 国際観光グループ 
    • 野村
    • 電話 045-210-4046(ダイヤルイン)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 観光部 国際観光課 です。