通勤定期の割引や水道料金の減免について知りたい方へ

JR定期乗車券の購入時の割引き
(要申請)

児童扶養手当を受給している世帯の方や、生活保護世帯の方がJR通勤定期券を購入する場合、3割引きとなります。

ご利用方法

母子・父子家庭の方はお住まいの市役所、町村役場の福祉担当へお問合せください。

生活保護世帯の方は、お住まいの市の福祉事務所またはお住まいの町村を所管する県保健福祉事務所へお問合せください。

税の軽減
(所得制限あり、要申請)

母子・父子家庭や寡婦の方で、お子さんと生計を同じくしている場合などは、所得税や住民税の控除を受けられる場合があります。
※所得制限は父子家庭の場合のみとなります。

ご利用方法

所得税は、お住まいの市区町村を管轄する税務署へお問合せください。

住民税は、お住まいの市・区役所、町・村役場の市民税課へお問合せください。

水道料金などの減免
(要申請)

児童扶養手当、特別児童扶養手当、遺族基礎年金を受給している方は、申請により県営水道の基本料金などが減免されます。ただし、市町営水道などの区域では適用されない場合もあります。

ご利用方法

県営水道をご利用の方は、お住まいの市区町を管轄する水道局各営業所(支所)へお問合せください。

非課税貯蓄制度
(要申請)

遺族基礎年金、児童扶養手当などを受給している方は、預貯金などの利子が一定の範囲で非課税になります。

ご利用方法

各金融機関へお問合せください。