かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

クリーニング業発祥の地くりーにんぐぎょうはっしょうのち

横浜・川崎地域 名所・旧跡

横浜開港後、本格的な西洋式洗濯の需要が高まり、多くの業者が開業し、現在のクリーニング業に発展しました。安政6(1859)年、青木屋忠七が「外国人衣類仕洗張」の許可を得て外国人相手に衣類を洗濯したのがクリーニング業の始まりといわれています。同じくクリーニング業の祖の一人、脇澤金次郎が店を営んでいたとされるフランス山谷戸坂付近は水のよく出る場所で、「クリーニング業発祥の地」の記念碑が立っています。石鹸は明治6(1873)年に堤磯右衛門がフランス人から製法を教わり製造を開始しました。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県横浜市中区山手町184-15
アクセス 首都高速道路神奈川3号狩場線新山下I.C.より約3分
近隣のおすすめ施設など 元町ショッピングストリート
ZANGIRI(西洋理髪発祥之地)
港の見える丘公園
横浜中華街(関帝廟)
ページの先頭へ戻る