かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

神奈川県庁かながわけんちょう

横浜・川崎地域 文化・芸術・乗物 名所・旧跡

消防救急発祥之地や近代パン発祥の地など、周辺にたくさんの発祥の地がある神奈川県庁本庁舎。都道府県庁舎で、知事が執務する現役の庁舎としては、全国で2番目に古い建物で、県内で最初の国登録有形文化財です。現在の建物は昭和3(1928)年に建てられた4代目のもので、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト様式を基本に、アールデコと日本式を融合させた建物です。屋上からは横浜港が一望できます。

営業時間 8:30-17:15
■休庁日/土日祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
※施設により異なる場合があります。
見学所要時間 約15分
所在地 神奈川県横浜市中区日本大通1
アクセス 首都高速神奈川1号横羽線横浜公園I.C.より約5分
お問合せ 045-210-1111
webサイト http://www.pref.kanagawa.jp/
駐車場・料金 なし
※本庁庁舎地震・津波対策工事等の実施に伴い、本庁舎駐車場は使用できません。
※工事終了は平成31年3月下旬(予定)
近隣のおすすめ施設など 神奈川運上所跡の碑
神奈川県立歴史博物館
日本郵船歴史博物館
ページの先頭へ戻る