かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

牛馬飲水槽ぎゅうばいんすいそう

横浜・川崎地域 名所・旧跡

大正6(1917)年、当時横浜の陸上交通の主力であった牛馬のために神奈川県動物愛護協会の前身である日本人道会と横浜荷馬車協会が現在の横浜市磯子区八幡橋際に設けた飲水槽です。このほか中区の生糸検査所、西区高島町駅前、久保山のガードそばに設置して牛馬の途中休憩所とし、数千頭の喉の渇きを癒しました。夏には麦わら帽子を付け、気取った足取りで荷物の運送をしていたようです。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県横浜市中区常盤町5-67馬車道十番館前
アクセス 首都高速神奈川1号横羽線横浜公園I.C.より約2分
近隣のおすすめ施設など 馬車道のガス灯
神奈川県立歴史博物館
アイスクリーム発祥の地
ページの先頭へ戻る