かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

道念稲荷神社どうねんいなりじんじゃ

横浜・川崎地域 寺社・仏閣

文久2(1862)年に起きた生麦事件発生現場近くに鎮座する神社。神社の創建年代は詳しく分かっていませんが、江戸時代にはあったとされています。毎年6月第1日曜日に行われる「蛇も蚊も」祭りは、横浜市無形民俗文化財に指定されています。「蛇も蚊も」は、約300年前に悪疫が流行したとき、萱で作った蛇体に悪霊を封じ込めて海に流したことに始まると伝えられています。萱で作った長大な蛇体を若者・子供がかつぎ、「蛇も蚊も出たけ、日和の雨け、出たけ、出たけ」と大声に唱えながら町内をかついで回りまります。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県横浜市鶴見区生麦4-27
アクセス 首都高速神奈川1号横羽線生麦I.C.より約2分
ボランティアガイド ■特定非営利活動法人
神奈川区いまむかしガイドの会
TEL.045-401-8320
近隣のおすすめ施設など 生麦事件碑・案内板
生麦事件参考館
味童 天金
国道駅(JR鶴見線)
ページの先頭へ戻る