かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

衣笠山公園きぬがさやまこうえん

横須賀・三浦地域 自然・公園

山の容姿が馬の背に鞍を置いた形に似ていることから正しくは「鞍掛山」と呼ばれますが、現在では「衣笠山」の名称で親しまれています。明治40(1907)年頃に日露戦争の戦死者を慰霊するために三浦半島の官民有志が頂上に「芳名不朽」の文字を刻んだ記念碑を建てた公園です。桜とツツジを植樹したのが始まりで今では約2,000本のサクラが咲き誇り、日本さくら名所100選」にも選定される花見の名所となっています。

営業時間 入園自由
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県横須賀市小矢部4-922
アクセス 京横浜横須賀道路衣笠I.C.より約7分
お問合せ 046-853-8523
webサイト http://taura.y-parks.jp/kinugasayama/
駐車場・料金 有り(無料)乗用車15台(桜のシーズンには利用不可)
ボランティアガイド NPO法人よこすかシティガイド協会事務局
TEL.046-822-8256
http://yokosuka.kankoh-guide.com/
バリアフリー情報 車椅子使用者用トイレ、通路段差なし、オストメイト専用トイレ
おすすめイベント情報 毎年3月下旬から4月上旬にかけて「衣笠さくら祭」が開催
※2018年以降の実施日はご確認ください。
近隣のおすすめ施設など 衣笠城跡、海辺つり公園、くりはま花の国
その他 桜の開花時期の休日は渋滞
ページの先頭へ戻る