かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

西叶神社(宮彫り)にしかのうじんじゃ(みやぼり)

横須賀・三浦地域 寺社・仏閣

浦賀の入江を挟んで向かい合う位置に鎮座する叶神社。先に創建されたのは西叶神社の方で、江戸時代に浦賀村が東西に分かれた際、叶神社平安末期、源氏再興を祈念した文覚上人が石清水八幡宮を勧請したのが始まりとされます。天保13(1842)年に建てられた社殿は、安房の彫り師・後藤利兵衛橘義光の作品に囲まれています。寺社の建築物に精巧に施された彫刻は「宮彫り」と呼ばれており、桃山時代から江戸幕末にかけて建築物に多用された日本独自の文化で、その芸術性の高さから海外からも注目されています。花鳥草木を表現した格天井や、向拝で参拝者を見守る龍など、その総数は230にも上ります。

営業時間 拝観自由
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県横須賀市西浦賀1-1-13
アクセス 横浜横須賀道路浦賀I.C.より約27分
お問合せ 046-841-0179
webサイト http://kanoujinja.p1.bindsite.jp
駐車場・料金 有り(無料)乗用車10台
ボランティアガイド NPO法人よこすかシティガイド協会事務局
TEL.046-822-8256
http://yokosuka.kankoh-guide.com/
近隣のおすすめ施設など ペリー公園、浦賀の渡し船
ページの先頭へ戻る