かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

こゆるぎの浜こゆるぎのはま

湘南地域 自然・公園

明治18(1885)年、陸軍軍医総監を務めた松本順が日本で初めて海水浴場を開設。大磯には趣の異なる3つの海岸(北浜海岸、照ヶ崎海岸、こゆるぎの浜)があり、なかでも「こゆるぎ浜」は古代から「よろぎ(ゆるぎ、こゆるぎ、こよろぎ)の磯」と呼ばれ、万葉・古今・新古今などの歌にも多く詠まれています。明治期以降は政財界の重鎮や文豪たちがこの浜沿いに別荘を構えたほどのやすらぎの浜になっており、さざれ石の産地としても有名です。

営業時間 見学自由
見学所要時間 約45分
所在地 神奈川県中郡大磯町大磯
アクセス 小田原厚木道路大磯I.C.より約15分
駐車場・料金 有(有料:大磯海水浴場駐車場)普通自動車1時間当たり310円(1日上限1,020円)大型自動車1時間当たり620円(1日上限2,060円)
ボランティアガイド NPO法人大磯ガイド協会TEL:0463-73-8590
近隣のおすすめ施設など 大磯市、旧吉田茂邸、大磯迎賓舘
その他 夏休み(7月中旬-8月)は多少混雑
ページの先頭へ戻る