かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

旧里見弴邸きゅうさとみとんてい

横須賀・三浦地域 名所・旧跡 文化・芸術・乗物

大正15(1926)年、和風別棟の書斎は昭和4(1929)年に作家里見弴の住宅として自ら設計に加わり、建築された建物です。建築家ライトの造形を鎌倉にいち早く取り入れた貴重な建物の外観は、閑静な住宅地の中、きわめて印象的な佇まいです。国の登録有形文化財に指定され、現在は、西御門サローネとしてイベントの開催と曜日限定による一般公開がされています。

営業時間 毎週月曜日10:00-16:00
見学所要時間 約40分
所在地 神奈川鎌倉市西御門1-19-3
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約19分
お問合せ 046-23-7477
webサイト http://www.nishimikado-salone.jp/inq/index.html
入館料 500円
ボランティアガイド 特定非営利活動法人鎌倉ガイド協会
TEL0467-24-6548
近隣のおすすめ施設など 建長寺、鶴岡八幡宮、小町通り
ページの先頭へ戻る